しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校から帰ると癇癪を起こします

はじめまして。

子供の癇癪というキーワードから、こちらのサイトにたどり着きました。

いくつかの相談内容とそれに対する先生のコメントを拝読し、涙が出てきました…今の私にすごく心に響くお言葉がいくつもありました

私にはもうじき7歳になる小学1年生の娘と2歳半の娘の、計2人の子供がおります。

長女の方が癇癪および支離滅裂な発言を毎日ほぼ必ずするので、何年もずっと悩み続けています。

幼稚園の時も学校に上がってからも、先生には「おとなしいけどコツコツと物事を頑張るタイプ」と言われることが多く、外では問題は特に無い子です。外では非常におとなしくてお友達のいいなりになりがちですが、ニコニコと柔和な感じなのでかわいがられてもいるようです。

しかし外で頑張りすぎてくるのか、家に帰るとだいたいちょっとしたことで騒ぎ立てては大泣きしたり大声で怒鳴ったり、はたまた自虐的な発言(○○はどうせバカだからね。世界で一番変だからね。みんな○○を大っきらいだと思ってるんだよ…など)
をしたりします。

そして下の二歳が少しでもちょっかい出したり近づくと「来ないで!」とか「○○(下の子)に殴られた!痛い!」(→本当はされていないのに)など大声でヒステリックに叫んだりします

そういう時は私も「うるさい!」とか「また始まった…いい加減にして!」など怒ってしまいます。もしくはうんざりして無視してしまうこともあります

長女にそうなる理由を冷静に聞いてもたいてい妹のせいにして、時折作り話で妹が悪いとでっちあげたりもしています。

一時は私自身が変わるしかないと思って極力怒らないようにもしたのですが、もう何年もこのような状況。そして誕生日など家族みんなで楽しもうという時に限ってこのような癇癪を起こす傾向があるので、怒らないということが私自身出来なくなってしまいました。。

癇癪は主に学校から帰宅したり友達と遊んだ後の疲れている時におこりやすく、あとは眠気の時もあり毎朝起こすと必ずグズります(ママが服を選んでというので選ぶ→こんな服着たくない!とケチをつけてグズグズ。着替え途中でボーッと動きが止まってるので促すと急に焦って泣いたりなど)

あとは家族で誕生パーティをしたり楽しくしよう!という時に限って何故かだんだん不機嫌になってきます。最後は娘が泣いて私が怒って後味が悪いことにたいていなります

とにかくずっと育てにくさを感じ続けて何らかの発達障害があるのかもしれないと思い、児童小児科に行ってみたこともありましたが、週一度の療育をすすめられて幼稚園(当時)との折り合いが付かず結局行かずにおります。まだ本格的な診断は受けていませんが、事前にテストを受けて、手先と言語理解能力に1歳半ぐらいの遅れが見受けられたそうです

普段は内弁慶ですが絵を描いたり歌ったり踊ったりと元気で明るく笑顔がとてもかわいい子です。妹ともケンカが多いですが仲良く遊んだりもします。長女は少し前までは「お姉ちゃんと呼ばないで!」「私が一番小さい妹」とも言っておりましたが…。彼女にはアトピーもあり、常にこの子のことを一番に考えて私自身生活してきました。宝物のような子です。なのに長女が普通でない状態の時は心からいやになり、苦しくなって顔も見たくなくなります…

優しくなだめても、明日は楽しくしようね大好きだよ!と寝しなにギューっと抱きしめたりしても翌日はまた同じ状況でむなしくなります。彼女には何も届いておらず、私の声も聞こえていないのかと思うと…

本当に、癇癪さえなければどんなに楽しい毎日をこの子と過ごせることかと切実に思いますが、このようなタイプはもう性格なので直ることはないのでしょうか?それとも学校を後回しにしてでも療育に行かせるべきなのでしょうか…
それとも私が必死に対応を変えれば解決するのでしょうか…
長くなりましたが、どうかお知恵をよろしくお願いいたします。


 まだ7歳のお子さんです。性格だから直る事はないのではないか?とお書きですが、決してそういう事はありません。人間は成長発達し、それに伴い変化します。むしろ変化しない存在というのはあり得ません、そう思って下さい。

 そして同時に児童小児科から週一の療育を勧められた経緯がおありなら、学校を後回しという訳ではありませんが、“療育”というのはどういう事をするのか、ということをご両親の目で確かめる為にも、今一度足を運んでみられる事をお勧めします。何らかの具体的なアドバイスが得られると思います。

 同時に、“癇癪さえなければどんなに楽しい毎日か”とおっしゃっておられますが、長女さんは“癇癪をもって”あなたの元に子どもとして生まれて来られたのです。この際は腹を括ってお母さんの気持ちの上で受け入れてしまうのです。“私は癇癪持ちの子を神様から授かったんだな”、、と。そうしなければお母さんはいつも苦しい気持での子育てになってしまいます。

 今の状態は、長女さんの癇癪が出た時に、お母さんは無意識にその癇癪を見て“ああ、まただ、嫌だなあ”というご自身の拒否の心、その場から逃げたい気持ちがあるから、お子さんは、そのお母さんの逃げの気持ちを追っかけて来ているのです。
 言い換えるならお子さんは、お母さんの無意識の逃げの姿勢を試しているのです。神様から「時々癇癪を起こして、お母さんを鍛えなさい」という指示を受けていると思って下さい。

 この際、長女さんに真っ正直にきちんと向き合う気持を持ち「癇癪を持っていても良いんだよ、ゴチャゴチャ言って、とても育てにくいあなただね、仕方ないね、あなたは普通でない時があっても良いんだよ」という、ある意味人間としての存在をそのまま引き受ける、という態度が求められていると思います。

 具体的なやり方は下記の通りです。

 癇癪が出たら、一度自分に言い聞かせて“今はこの娘の癇癪の様子をきちんと観察してみよう”という気持ちになって、冷静にお子さんを観察して下さい。頭のてっぺんから足の先までどんな様子か、、、です。
 後で誰かに「長女さんの癇癪ってどんな様子なの?」と聞かれた時に、詳細がしっかりと言えるような程度までしっかりと観察してみて下さい。

 癇癪でパニックになっている時は、言葉は全くと言って良いほど無意味です。その間は、ただ黙ってお子さんの様子を見ながら傍にいてあげて下さい。お子さんの体に触れるようであれば触って下さい。どこでも良いです。頭でも足でも手でも背中でも肩でもお尻でもどこでも良いです。
 もしお子さんから言葉が出るようだったらその言葉をオウム返しして下さい。
例えば「やだー!」だったら「いやなんだね」、
例えば「○○(妹さんの名前)きらいー!」だったら「きらいなんだね」、
例えば「○○してー!」だったら「○○して欲しいと思っているんだね」という言葉にして返すのです。
 そして、その間体中の様子も観察します。そうしながら、可能なら座った状態になり抱っこをしてあげて下さい。そして頭や背中を撫でてあげましょう。
 そういう事をさせてくれない程ひどい時にはただ観察だけされる事です。心理的に逃げないで冷静に観察して下さい。観察の方法とオウム返しの方法は下記の項目を参考になさって下さい。

 今のようなお子さんの様子に一番適当な対処としては、観察とオウム返しが一番手軽に出来て効果が得られやすい方法です。
 
 そしてもう一つ何か出来る手だてはないかと訊かれたら、お子さんの癇癪の時に、お母さんご自身の気持ちを感じて下さい。同時に体を感じるという事をなさって下さい、という事をお勧めしたいと思います。

 お子さんの今の行動は、お母さんが子どもの頃にやり残した事かも知れません。お子さんの行動はお母さんにとってもお父さんにとっても意味のある行動なのです。
 お子さんの癇癪を通して人間として親として成長出来るチャンスなのです。逃げたい気持を自覚しながらお子さんを、同時にご自分を観察するのです。

 今、この、我が子の癇癪が出ている事に、上手に出来なくても良いから精一杯の対応をする事で消化できる無意識の何かがあるのです。それが一番大切な事です。


 体を感じる方法としては、下記の項目を参考になさって下さい。
 ・とにかく泣き叫ぶのです (2011/08/07)
 ・娘にもう少し精神的な強さと自立心を持って欲しい (2011/12/13)

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。

現在、相談業務多忙につき、無料相談のメールにつきましてはご相談への回答まで1年以上かかっています。ご了承下さい。

お急ぎの方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。この記事が役に立ったと感じられる方は下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。