しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ友とのつきあい方

はじめまして、ご相談します。

もうすぐ3歳の息子を持つ者です。
直接子供のこと、ということではなく、ママ友についての悩みです。

もともと女子同士の付き合いが苦手で、群れたりせずに一匹狼のような感じで過ごして来ました。
決して大人しい訳でも、仲間外れにされたりすることもなく、ポイントを押さえて適度な付き合いはするのですが、却って水臭いと思われるようです。

しかしながら、その一方で、少し深い話や悩みを口にすると、説教じみたことを言われたり、甘いなどと諭されたり、はたまたたいしたことないよー、と軽くあしらわれたり。
正に気分屋、という態度に辟易する日々です。

今までは自分一人に却ってくること、とさほど気にせず、我関せずで過ごして来たのですが。
子供のことを考えると、それなりにママ友達ともお付き合いをしていかないと、色々弊害が出てくるのではないかと、怖いです。
例えば、子供に何か言われたり、極端な話をすると子供が傷つけられたり。

ママ友達と、どう付き合って行くのが良いのか、どこまで親しくすべきなのか迷い、結局殻は絶対に破らない自分がいます。

保育園に通う息子も、お話がだいぶ出来るようになっているので、あることないこと触れ回っており、いちいちママ友に「あーなんだって、こーなんだって、息子さんが言ってたよー」などと報告されると、生活や自分自身についてあれこれ詮索されているようで、ゾッとしてしまうのです。

周りを気にしすぎなのでしょうか。
女の人の真意が怖くて仕方ないのです。



 メールを読ませて頂いて感じた事は“不安の先取り”をしていらっしゃるなぁ、という事です。最後にご自身も周りを気にし過ぎでしょうか、と言っていらっしゃいますが、単純に「はい、多分そうです」と、先ず言いたい気持ちがあります。 

 ご自身は元々女同士の付き合いが苦手で、一匹狼のような感じで過ごしてこられての今がおありなのですね。決して大人しいわけでもなく、ポイントを押さえて適度な付き合いをしているつもりでおられて、でも一方ではそのようなご自分自身の有り様を"水臭い”のではないか、、と内心では感じていらっしゃる、、、という今の現状ですね。水臭いと思われているのではないか?と思っていらっしゃる主体はご自身ですから。

 大体子ども達は色々な事を深く考えていませんから、自分と家族の事を周囲にある事無い事言います。それが普通です。
 それを聞いたママ友さんは、ただ単純に「お宅のお子さんからこれこれこういう事だと聞いたよ」とあなたに言っているだけなのです。
 
 それをご自身は“あの人は私の事を色々詮索している”と受け取り、その結果“ゾッとして”おられるのですね。
 
 余談ですが私の場合等、家を買って引っ越しした先で、近所の駄菓子屋さんに入り浸るようになった長男が、得意になって家の値段を言いふらしていたようで、ある日近所のおばさんに「お宅の家はいくらいくらだったそうですね」って言われて、一瞬目が点になりましたが(^_^;)

 
 元々一匹狼で生きてこられ、細かな女同士のやり取りを余り練習されていないとの事ですから、周りの何気ない感想が自分の思惑と違っていると、説教されたとか、軽くあしらわれたと感じたり、気分屋だなと思ったりされるのですね。

 ちょっと考えてみて下さい。

 もし説教じみたと思われた事が“ああ、あの人から良いアドバイスをもらった”と感じられるようになれば、甘いと諭されたと感じた事を“ああ、私の思っていた事やした事は一般的には甘い事だったんだわ”と反省できれば、あるいはまた、たいしたことないよーと言われた時に“ああ、これはたいした事ないんだわ良かった”と安心できたとしたら、ママ友さんとの付き合いは全く違ったものになっていたのではないか、もっと言えば、一匹狼でなく狼の群れの中で楽しくワイワイやりながら、その中で子育てももっと楽しく出来ていたのではないか、、、、とも考えます。

 
 それはそれとしてアドバイスしたい事は、あなたは今のあなたで良いのですよ、そして苦手でイヤな付き合いを無理にする事はないですよ、という事です。

 「子供のことを考えると、それなりにママ友達ともお付き合いをしていかないと、色々弊害が出てくるのではないかと、怖いです」との事ですが、子どもは誰でも自分の人生を生きていく中で、程度の差はあれ何かを言われたり、時には傷つけられたりする事もあるでしょう。それを完全に避ける事は不可能だろうと思います。

 大人と同じように、子ども社会の中ではそういう事を通して成長し、強い人間になれると思うのです。

 子どもが傷つけられた時に、子どもの立場に立つ事ができ、言う事をよく聞いてやり、心を理解してやり、その上で母親として一人の人間として毅然として我が子を守る事が出来る、強い母親として行動する覚悟があればそれで十分だと考えます。
 
 子どもが仲間はずれになっていて、その状態を辛いと感じている、と察知できる柔軟性をもち、子どもの辛さを一緒になって解決してやる覚悟がしっかりできてさえいれば、それで恐れるものは何もないのだと思って下さい。

 よしんば傍から見て仲間はずれの状態であったとしても、本人がそれを苦痛と感じないならば、そこに問題はありません。ご自身のように。

 色々経験する事で子どもは大人になり、子どもを育てる事で親は親として成長します。あまり先の事を色々心配するのでなく、今この一瞬一瞬をお子さんをよく観察し、ご自分自身をよく観察して、周囲に笑顔で接していく事で、ご自身もお子さんもさらには周囲も幸福になれると信じています。

 どうぞ胸を張ってご自分の思う通りに周りと付き合って下さい。子どもさんが神様から授かってきている力をもっと信じて、ゆっくりと見守ってあげて下さい。
 大丈夫ですよ(^_^)

-----

「しずか先生のインターネット幼児教室」では同名の無料メールマガジンを発行しています。ブログの最新記事をブログ更新と同時に配信するとともに、過去の人気記事も随時配信していきます。購読のお申し込みはこちらからお願い致します。

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。この記事が役に立ったと感じられる方は下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。