しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日の子育ての辛さ

こんばんは。先ほど、毎日の子育ての辛さに本当に苦しくて苦しくてどうしていいかわからず「子育てが苦しくてしかたない」と、ネットで検索したところ、こちらにたどり着きました。

相談したいことがたくさんありすぎて、話がまとまらないことをお許しください。

私は32歳の2歳9ヵ月の娘、7ヶ月の息子をもつ母親です。

娘のことで相談があります。

娘はいい目でみれば本当に子供らしく色々なことに興味があり人の輪にもすぐ入っていける好奇心旺盛なこどもだと思います。

歩き始めた頃から手を繋がれることを嫌がり、散歩も土地柄車が多いこともあり、スムーズに進まないことが毎回でした。

あえて車のいないところにいけば、虫、草、花、と、10分の距離を一時間もかかるようになりました。

初めは付き合わなきゃいけないと思い、進まない散歩にただただ苦痛を感じながらも付き合っていました。

なぜなら無理矢理行くと泣く動かない。になるからです。

スーパーに行けば、カートには乗らずスーパー中走り回り、もちろん私の言うことも聞かず探しに行くまで自分では戻ってきません

無理矢理やれば外だろうがなんだろうが寝そべったり奇声を発します。

図書館や電車なども同じです。ヒステリックにならず言い聞かせるようにするのですが同じ結果になります。

このようなことで今いちばん悩んでいるのは、私が娘に怒りすぎてしまうことです。1日を通して怒鳴ることは、数知れず、そのあとの気持ちの切り替えも私自身ができないので、ぶっきらほうに相手をしてしまいます。

一才過ぎまでは手をあげるなんてもってのほかと思っていましたが、今は手をあげてしまいます。

手を挙げることに程度はないと思うので最低な母親だと思っています。

大声もトラウマになるくらい直球でぶつけて、ものにあたったりもしてしまいます。

まず、大前提に私は子育て向いていないんだと思います。

娘の行動は他のお母さんからしたら興味が色々あるこどもと、とらえるかもしれませんが私には苦痛以外のなにものでもありません。

下のこどもが生まれ、下の子のことも可愛がってくれるお姉ちゃんなのが逆に私が強制してきてしまったから赤ちゃんかえりもせず、たまにおもちゃももちろんとりあげたりしますがいいお姉ちゃんになってるのかもしれないなと気になってしまいます。

二歳になる大分前から嫌々も始まり、毎日ひとつひとつの行動にいちいちなだめてみたり怒ってみたり、誉めてみたり、これが24時間ずっと続くのです。

最近は朝起きたしゅんかんにまた一日苦痛な日が始まると思ってしまいます。

とにかくひとつひとつになんでも反抗し、怒れば奇声を発します。奇声は最近とくにひどく、一時期自分がとっても反省し穏やかに接する努力をしたときにはなくなったので、やはり自分のせいだとおもっています。

夜中にも、急にいやーっっと叫び、私や旦那にバチバチ叩いたり蹴ったりしてきます。この状況も調べましたらやはりストレスからなんだそうですね。

わたしがもう少し心が広く余裕を持てたらきっと変わるんだと分かっていながらも改善できず、いつも同じことをして後悔する毎日です。

息子もわりとすぐ起きるタイプで、やっと寝た子を奇声で起こされることもストレスです。

しないでと言うことをわざとやります。こどもはそういうものだと思っても我慢できず怒鳴ってしまいます。

悪循環にはまってることはまってることははまってることは分かってるのですが、抜け出せず、どうしたらいいか分かりません。

旦那さんはとても優しく娘にもやさしく、わたしの話も聞いてくれます。

でも結局は一日わたしが見るんだと思うとなんのなぐさめにもならず、今はただただ苦痛な毎日です。

娘や息子に申し訳なくて、私じゃなければ娘の好奇心旺盛で意志が強い部分をプラスにのばすことができるのにとおもいます。

娘は私のせいで、お友だちに強い態度で出ることも多く、支援センターなどに行っても気をもんで帰ることになります。

長文乱文ですみません。どうしていいかわからず、もっと言いたいこともたくさんあるのですが、ここまでで失礼します。



 一般的な子育てとは、、、、多少の差はあっても大体こういうものですよ、、、という言葉が相談文を読ませて頂き先ず頭に浮かびますが、、、、(^_^;)

 学校では知識を得る為の学習を沢山してきましたが、如何せん私たちは子育て、家庭の維持管理という学習は受けていません。それは机に向かって教えてもらう事ではなく、育てられる中でのより直接的な、心や体の中に“しみ込む”ような教育を受けたのだと感じています。
 即ちその場その場で無意識に教育を受けてきての、今があるわけです。

 即ち自分の子育ては親が自分に行った子育てを身体で体験しながら、学習したものと言えます。結果私たちは自分が受けた子育てを、無意識に繰り返しながら自分の子どもを育てる、という訳です。

 それが何代にも渡り繰り返されてきた結果、今のあなたの子育てに繋がってきています。

 今ご自身に考えて頂きたい事は、お母さん自身がこうありたいという子育てと、お子さんがお母さんに求めている事がすれ違っていると考えます。
 この際はお子さんに合わせて欲しい、という事です。

 例えば、全ての子どもがお母さんと手を繋ぐのが好きという事はありえません。当然中には手を繋ぐのを嫌がる子もいるでしょう。それがお宅のお子さんだったのです。だからそういう長女さんを受け入れましょう。

 その結果手を繋がなくても良い場所に散歩のコースを選ぶようになるのは必然ですね。それはそれで良いのです。それを受け入れましょう。その他に方法はあり得ません。

 お母さんがイメージされる“お散歩”と全く違うものかも知れませんが、お子さんに取ってはそれが“大好きなお散歩”なのです。

 そして何にでも興味があり、花を見れば花に、虫を見れば虫に、草を見れば草に興味を持ち中々先に進まない、となります。当然です。その日は花を見ただけで時間になりそれで帰りました、、、と。
 そしてまた次の日には同じところで同じ花を見て、ちょっとだけ違ったところを見つけてそこから動かないで終わってしまった、それだけで帰りました、というふうで良いのです。
 
 長女さんに取ってはそれが“普通の散歩”で、お宅のお子さんはそういうお子さんなのです。その事を受け入れましょう。
 お母さんが諦めて子どもさんを待つ、という態度を取っていると、お子さんは大きくなってお母さんと同じように相手を待って我慢が出来る人になります。
 
 お母さんの行動や態度が手本です。
  
 このように散歩一つをとってみても分かるように、子育ては“自分の思う通り”にはいきません。それを肝に銘じましょう。あなたの親御さんも、思う通りにならない幼いあなたを育てて下さったのです。
 まさしく“子を持って知る親の恩”です。

 また2歳9ヶ月という時は、第一反抗期の真っ盛りといって間違いはありませんから、育てにくいのが当たり前だと思って下さい。自分が何かしようと思っていたとして、自分の思惑と違って、お母さんが何か手を差し伸べたらもうそれだけで持っているものを投げて、ギャーギャー泣いて手が付けられない、というような時期でもあります。

 そんな時はこっちも何もかも投げ出してどっかに行ってしまいたい!なんて思ったりもされる事も容易に想像されます。
 が、その時は前にも書きましたが、ただ黙って諦めてお子さんの様子をじっくり観察して下さい。頭の先からつま先までじっくりよく見ます。どんな顔で泣いているか、、、等等については下記のご相談を参考になさって下さい。

とにかく泣き叫ぶのです (2011/08/07)
娘にもう少し精神的な強さと自立心を持って欲しい (2011/12/13)


 また私の経験から、持っているとわずかですが支えられる事があります。
それは「子育てが一段落したらしたい事」を出来るだけ具体的に準備をしていく事です。
 私は自分の子育てがとても苦しかったので、私のような子育てが苦しい人の役に立ちたいと思い、その為に保育士になりたいと思いました。
 そしてその為の情報を、子育てをしながら集め始めました。
その目標が出来てからは、それ以前よりも気持ちが大分救われた気がしました。

 
 今この時は、子育てにうんざりしている自分を自覚しながら、でも、自分が産んだ子ですから頑張って育てましょう。産んだ子を育てるのは親の義務です。しょうがないです。

 うんざりしている自分を認めましょう。楽しくもない、我慢ばかりを強いられるように思う子育て中です、映画を見たり旅行に行くのとは気分が違って当たり前です。
 そう言う事はもうしばらくお預けして子どもの手が離れたら行きましょう。

 あなたの人生の中で、今は自分の思う通りにならない事態を受け入れて、じっくりと自分の経験を豊かにする時なのだと思われて、その日一日を精一杯お子さんと“子育て戦争”をしながらなんとかやり過ごして下さい。

 一日一日を“ああ、今日もちょっと怒ってしまったけど何とか大きな事故もなく過ごせた。子育ては下手だけど私なりに一生懸命頑張ったわ。やれやれ”というようにご自分に言い聞かせて心を納得させて下さい。

 そういう日々を積み重ねましょう。

 何も考えないでひたすら子どもとの時間を共有しているうちに、時間は過ぎます。それは即ち子どもは成長するということであり、変化をするという事でもあります。

 
 子育ての下手な自分で良いと思って下さい。そういうあなたでも良いんだよ、と神様が思われたからお子さんがお出来になったのです。そういう事です。そんな自分を責めても何にも良い事はありませんよ。経験者です(^_^;)

 この際は開き直りましょう!

-----

「しずか先生のインターネット幼児教室」では同名の無料メールマガジンを発行しています。ブログの最新記事をブログ更新と同時に配信するとともに、過去の人気記事も随時配信していきます。購読のお申し込みはこちらからお願い致します。

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。この記事が役に立ったと感じられる方は下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。