しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲のない子

はじめまして、3歳と1歳8ヶ月の子を持つ母親です。
私の悩みは上の子の食事についてです。
上の子は男の子なんですが、食事の時、口に入れては飲み込むまでに長く、食事の時間が長いんです。そのせいもあってか、ご飯を半分位食べると「もういらない」って言います。
何とか促して、食べさせてあげたりするのですが、長くは持ちません。
下の子は女の子なんですが、逆に食欲があるので、お兄ちゃんより食べる時もあります。それに対してパパがイライラ。

3歳までに食の細い、太いが決まると言いますが、本当ですか?
いつもこの食事の事になるとパパと喧嘩になってしまいます。最近では食事の時間が苦痛になります。
赤ちゃんの時のミルクの量は関係ありますか?あまり飲ませると将来糖尿になると言われ、飲ませませんでした…
その事もパパや同居してる義母にも言われます。
どうしたら良いですか?



 食の細いお子さんなのですね。分ります、、、、。
実は私が育児ノイローゼになったきっかけが、上の子がミルクを余り飲んでくれない、ということでした。

 今振り返ってあの当時の事を考えてみると、本当に追いつめられていたなぁ、と思いますし、子どもの食欲が低下する半分の原因はあの時の私の気持ちだったと思います。

 実際今お母さんが食事の時間を苦痛に感じていらっしゃいますものね。多分当時の私の有り様と同じようだと感じます。お母さんが食事の時間が苦痛であれば、無意識にその苦痛はお子さんに伝わります。いわゆる「心因性食欲不振」と言われるような状態になっていらっしゃるのでしょう。

 人間は何か心配事(苦痛)があると、たちまち食欲が低下します。
 
 お子さんは3歳ですから、まだそんなに食べない事も多いように思います。だから、やっぱり色々工夫をしながら大変でしょうが“お母さんが出来る範囲内で”手を替え品を替え“一応”食べさせる努力をしてあげて欲しいと思います。

 出来るだけ間食を減らし、牛乳や果物は腹持ちが良くて空腹感が得にくいですから気をつけてあげて下さい。

 そして一回二回食事を抜いたとしても、とにかくお腹が空く、という経験をさせ、その時にダラダラしないで食事に集中して一気に食べる、という経験を持たせる工夫をなさってみて下さい。

 食事のときに食べ足りずに、途中で「お腹が空いた」と言えば何でも食べ物を与えられる環境ですと、食欲の改善に繋がりません。

 お父さんとお姑さんにもこの事をしっかり伝えて、途中でお腹が空いたと言っても何も与えないで、次の食事まで空いたお腹を抱えて我慢をさせてあげて下さい。例え泣き出しても負けてはいけません。

 予定が何も無い日に、下記の事を実行してみて下さい。
食事の時間を切る事。そして例え半分ぐらいでももういらないと本人が言うのなら、多少残したとしてもそこで終わりにしましょう。残った物はお子さんの目の前でゴミ箱に捨てて下さい。
 そして次の食事まで間食を与えない事です。

 お腹が空いてグズグズ言ったり泣いたりして、何か食べたい、飲みたいと言う子に「お昼ご飯まで我慢我慢」と笑顔で言いながら頭を撫でたり手を握ったりしながら泣かせつつ次の食事まで我慢をさせます。

 どんなに泣いても何もしなくなったりしてもかまいません。泣く子を従えて家事を淡々とこなして下さい。そして時間になったら「さあお昼ご飯だよ。今日は○○だよ。一杯食べてね」と笑顔で言って食事にします。

 実はこれを実行するのが一番大変で、親の方に力が要りますので、お姑さんもお父さんにも計画を共有してもらい、出来ればウィークデーが良いと思います。一度やってみられて余りに大変でお疲れになられるようでしたら、ちょっと間をあけて何回も実行される事をお勧めします。
 

 また食の細い子は偏食になりがちです。親はとにかく何でも良いから食べてほしいと思い、好きなものだけでも許してしまいます。結果偏食のある細い身体になってしまう事も多いです。

 献立には気をつけて、出来るだけ栄養のバランスの取れた食事を作って下さい。これはお母さんが頑張ってほしいと思います。

 最後になりましたが、お尋ねの赤ちゃんの時のミルクの量と3歳ぐらいになってからの食事の量との関係、また、ミルクの飲ませ過ぎは糖尿病になる、ということについては、色々調べましたがわかりませんでした。
 一度かかりつけの小児科のお医者さんに尋ねてみられるのも一つだと思います。
この点についてはお答え出来なくてごめんなさい。

 尚、下記の相談も参考になさって下さい。

 ・「娘が自分から食事を取ろうとしません」(2012/10/03)

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

-----

「しずか先生のインターネット幼児教室」では同名の無料メールマガジンを発行しています。ブログの最新記事をブログ更新と同時に配信するとともに、過去の人気記事も随時配信していきます。購読のお申し込みはこちらからお願い致します。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。