しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kちゃんを叩いて困っています

はじめまして。2歳4カ月と6カ月の男の子の子育て中です。長男の暴力について相談させて下さい。

長男は活発な性格でやんちゃ坊主ですが、親の私からみても、「本当に優しい子だなぁ」と思う時も多いです。しかし、姉の子(2歳2カ月)の女の子(Kちゃん)に対してだけ、手が出てしまうのです。(姉家族は実家で両親と同居しており、私が住んでいるアパートのすぐ近くに住んでいます。姉とは同じ時期に子供を産みましたし、元々仲がいいので週に3~4日は行き来しています。)

よくしてしまうのは
・持っているおもちゃを無理やり取り上げる・・
・座っているKちゃんの所に走っていき、思い切り足を引っ張ったり、頭を叩
く・・・
・Kちゃんの首に後ろからぶら下がって押し倒す・・等など

Kちゃんは体も小柄で大人しいので、やり返す事もなければ、むしろ、叩かれる前にと思っているのか、長男の姿を見るとあわてておもちゃを差しだし、「いいよ。使って」と言ったりします。

叩いてしまう度に、「Kちゃん痛かったよ、謝ろう」と私が呼びかけ、「ごめんね」と言えるのですが、その直後にはまた同じ事の繰り返しなのです。

たまに長男が「おもちゃ貸して」と言えたり、優しくできた時は、オーバーなくらい褒め、「上手だったね。いつも言えるようになるといいね。」といって抱きしめています。

「Kちゃんに優しくね、叩かないよ」と指きりで約束をしてから家を出るようにしていますが、これも効果がないようです。

普段家で、私と次男と3人で過ごしている時は、反抗期特有のわがままはもちろんありますが、聞き分けも良い方で、笑顔で楽しく過ごす事が多いです。

公園や児童館では、初めてのお友達に対しての興味深々で近寄って「おもちゃ貸して」「一緒に遊ぼう」などと声かけもできるし、手を出した事も1度もないくらいです。

どうしてKちゃんにだけ手が出てしまうのか・・。Kちゃんと遊ばせる頻度を少なくするべきなのかと悩んでいます。本人は、Kちゃん大好きと言ったり、Kちゃんのお家行こうと言ったりしています。

まだ相手の気持ちを察するのは苦手な2歳児なのかもしれないですが、姉夫妻にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。アドバイスをよろしくお願い致します。



 困りましたねえ、お気持ちお察しいたします。
叩かれる側の親の気持ちになると複雑でしょうし、ましてお姉さんのご主人のお気持ちは穏やかならざるのではないか、、、、等と思ったりもして、、、ちょっと気の回し過ぎでしょうか、、、、(^_^;)

 お二人の関係はイトコですから、他の子どもにはない「何か」があり“何故か分らないけど”乱暴な行動に“出てしまう”のだろうか、、、と考えたりもします。

 お二人のご様子を読む限り、口でいくら注意しても余り効果は期待出来ないのではないかと思います。
 例えばお家で「叩いたらダメよ」と注意をされ、叩かないと約束したとして、その時は子ども心にも“本当に”もう叩かないと思うかも知れません。
 しかし、いざKちゃんを目の前にすると無意識に手が出てしまうのだろうと思われます。思わず知らず血が騒ぐ、といった感じでしょうか(^_^;)

 以下の二つの方法をお勧めします。

 一つ目はご自身も少しお考えのようですが、しばらくの間ご実家に行かれる回数を減らしてみるという方法です。

 その間にお子さんから「どうしてKちゃんのお家に行かないの?」と聞いてきたら、正直にお答えになられたら良いと思います。
 「あなたがKちゃんを叩くのがお母さんはとてもイヤなの。Kちゃん痛いし可哀想だもの。いくらKちゃん叩かないってお約束してもあなたは叩くでしょ。Kちゃんのお母さんもあなたにKちゃんを叩かれるのは悲しいよ。だからしばらく行かない事に決めたの」と言いましょう。

 その上で行く回数を減らす。そして行く時は、必ずお家でKちゃんを叩いたりしないで仲良く遊ぶ事、もしKちゃんを叩いたり乱暴な事をしたらすぐお家に帰るという事を指切りゲンマンと共にしっかり約束して、約束した通りの事を実行する。

 叩かないで遊べたらそれでよし、叩いたらすぐに約束通りお家に帰る。それをいい加減にしないできちんと実行する、というふうにされればどうでしょう?

 この方法のポイントは、お母さんの言動を一致させる事です。即ち叩いたらその場で約束通りお家に帰る、という事です。ここで少しでもひるんだら効果は望めません。
 冷静に淡々と「指切りゲンマンしたよね。Kちゃん叩いたらお家に帰るって。だから帰りましょ」と言って、例え行ってすぐだとしても即座にその場で帰ります。それが“約束”ですから。怒ってはいけません。約束を実行するだけです。

 多分泣いて抵抗されると思いますが、お母さんは落ち着いて帰り支度をして、さっさと帰りましょう。お子さんが泣き泣き付いてこられる事もあるでしょう。
 そんな時は優しく「仕方がないね。Kちゃん叩かないって指切りゲンマンしたのに叩いちゃったね。お家に帰ろうね」を呪文のように言い続けましょう。他の言葉は必要ありません。
 あくまでも冷静に優しく。

 このお母さんの、有無を言わせない決然とした言葉と行動で、約束を守るということを理解しますし、叩いたらどうなるのか、という事が本当の意味で理解出来るのだと考えます。

 そしてもう一つの方法としては、お子さんがKちゃんと遊んでいる時に、お母さんがお子さんの横にピタッとくっつき、Kちゃんを叩こうとしたり倒そうとしたらすぐにその手を止める、という実力行使に出てみるというものです。

 お子さんの行為は年齢もありますし、全くの無意識の中で、何かに惹かれるような感じでKちゃんを叩いたり倒したりしていると思われますので、お母さんの声による禁止では効果はほとんど期待出来ないと思います。
 そこで、よりエネルギーの大きいものとしての「直接行動による禁止」の方法です。

 ずっとお子さんの横から離れないで、お子さんの手を止める、ということをしつこく行う事で、お子さんも自分がKちゃんに何気なく行う行為がどういう事なのかということが、言葉抜きで何か感じられるのではないかと思います。

 このやり方のポイントは、直接行動と言っても叱るのではないという事です。お子さんが振り上げた手をただ止めるだけです。「Kちゃんを叩かない」と冷静に言って、叩こうとする度にその手を止めるのです。

 お子さんの行動は一瞬ですからタイミングがとても難しいところではあります。その為にもKちゃんのお家に行かれたら、お子さんから離れないでずっと一緒に行動される必要があります。
 
 お子さんにすれば今までとは違って、叩いたらすぐに家に帰らなければならなかったり、何気ない行動一つ一つを阻止されたりと、何故か自分の思う通りにならない、あれっ?なんで?という気持ち、、、を一度経験させ、でもそれは自分がKちゃんを叩いたのだから仕方がない、ということを“体験して納得する経験”が必要だと思います。

 いずれもお母さんからすればとてもエネルギーの要る作業ですが、今までの行動のパターンを変える事により、お子さんの行動を変化させるのが目的です。

 いずれにしてもまだ年齢的にも分ったような分らないような部分が多々あり、大変だとは思いますが、どうぞ一度試してみて下さい。そしてしばらく継続してみて下さい。

 いつも“自分に出来る範囲内で”という事を忘れないでください。子育ては自分育てでもあり、無理は禁物です。一定期間の継続が不可欠ですから。
 感情的にならないで冷静に試してみて下さい。そして是非試みられた結果をまたお知らせ頂ければ嬉しいです。

 この場でいつも応援しています。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

-----

「しずか先生のインターネット幼児教室」では同名の無料メールマガジンを発行しています。ブログの最新記事をブログ更新と同時に配信するとともに、過去の人気記事も随時配信していきます。購読のお申し込みはこちらからお願い致します。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。