しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘にもう少し精神的な強さと自立心を持って欲しい

はじめまして。

5歳年中の娘の事で相談させて頂きます。
娘がなかなか私から離れられずにいるのに困っています。
年少の時は幼稚園の送りの時ほぼ1年間私から離れる際泣いて嫌がりました。
それでも中に入ってしまえば普通に遊んでいるとの事でした。
また運動会や参観日など私が同じスペースにいて娘の視界に入る時はほぼ一緒にいたがり愚図ったり泣いたりという状態です。
いくつか習い事もしておりますが、分離の際いつまでもグズグズしてさすがに私もイライラしてしまい怒ってばかりです。
私が普段よく怒るからか、娘が私の顔色を伺っているのもわかります。
イライラしている私を察知してまたグズリが酷くなり悪循環です。

泣く事に対して責めてはいけないと頭ではわかっているのですが周りの冷ややかな視線を感じ、後で娘を叱っては後悔しています。
預けられる環境でない為常に2人でいる事が多いです。
また、すぐに娘が眠いと言う事も気になります。
愚図った時にも言いますし、たくさん寝たはずなのに朝起きて間もなくや、幼稚園のお迎え後にほぼ毎日の様に言っています。
何だかやる気のない子供の様でつい他の子と比べてしまう事もあります。
かと言って大人しいタイプの子という訳でもなく、お友達と遊んでいる時などは本当に活発でおてんばな娘です。


まとまりのない文章になりましたが、娘にもう少し精神的な強さと自立心を持って欲しいのです。
人前ではおどおどと挨拶も蚊のなく様な声でしか出来ない娘を見ているのが苦しいです。
私自身のイライラしやすい事も気になり、最近漢方薬を飲み始めました。
解決策がありましたらどうかお知恵をお貸し下さいませ。
よろしくお願い致します。



 5才の娘さんがよく泣く、お母さんから離れられない、またすぐに眠いと言う、というご相談ですね。
 お母さんの願いとしてはもう少し精神的な強さと自立心を持って欲しい、ということ、、、、ですか。

 娘さんが人前でおどおどして、挨拶も蚊の鳴く様な声でしか出来ない様子を見なければならない苦しさを感じていらっしゃるのですね。そしてイライラしてしまう、、、、という事ですね。

 前回のご相談の回答としても書かせて頂いたのですが、親は子どもに色々な事を望みます。
 元気でいて欲しい。
 好き嫌いなく何でも美味しく食べて欲しい。
 よく遊んで欲しい。
 お母さんの言う事をよく聞く子でいて欲しい。
 泣かないで幼稚園へ楽しく行って欲しい。
 お友達と仲良くして欲しい。
 先生の言う事を聞いて欲しい。
 大人の顔色等を伺うことなく、子どもらしく無邪気でいて欲しい。
 お友達には意地悪をしない優しい子でいて欲しい。
 賢い子でいて欲しい、、、、、、等等。

 上げ出すと際限がなくなりそうです、、、(^_^;)

 一方子どもは親の期待には無関心な子が多いですが、中には親の期待をそっくり受け入れて、見た目理想的ですが楽しそうには感じられない子もいますが、、、(^_^;)

 メールからお子さんを想像させて頂くに、多分にお母さんのイライラ、不安を無意識に受け取り、今のご様子になってしまっている部分もおありだろうと思います。
 
 何はともあれお母さんに直ぐにでもやって頂きたい事が三つあります。
一つ目はお母さんが困ったなと思われる、お子さんの行動の観察です。今の場合お母さんから離れたくなくてグズグズしている時や泣いている時、人前でのおどおどしている時のお子さんの様子をじっくりと観察します。
・どのような顔つき(表情)ですか?
・頭は?体は?手足は?背中は?
・言葉が出ているとすればそのトーンなど。
 出来れば後で言葉に出して言えたり文章に書けたりするぐらいはっきりと観察します。
 例えば“いつもより背中を丸くして歩いている感じ”とか
    “大きな口を開けて大声で泣いているけど涙が出ていない”など。
 体の体温等も感じましょう。背中や肩や頭等にもそれとなく触ってよく観察します。

 特にお子さんが眠たいと言い出したとき等はしっかりと体の観察をします。人間は言葉よりも体に本音が現れます。(もちろん言葉はありませんが)
 体はだるそうではありませんか?また手が暖かい時等は本当に眠い可能性があります。
 
 一つ目のこの作業の意味は、お子さんとの一体感から全く客観的に見られていないお母さんの視点を少し離して、落ち着いて子どもの様子を親の立場から見る為のものです。即ち親という字は立っている木の上から子どもを見ると言われますが、まさしくそのような距離感を持つ事が大事です。

 二つ目は、同時進行ですが、その時のご自分も観察します。イライラしているときの顔はどんな顔?(その時に出来れば小さな手鏡で確かめます)手は?足は?頭は?胸、背中、腰、腹等内蔵も含めて出来るだけ自分の全身を感じてみます。
 どこかきりきり痛むようなところはありませんか?チクチクとかジンジンとかする感覚はありませんか?
 お母さんがご自分の体の感覚が自覚出来る事が、お子さんの症状の緩和の第一歩につながる道です。

 問題は子どもで、私の体は関係ないのに、と思っておられるかもしれませんが、決してそうではありません。お母さんの体とお子さんの体は深いところではエネルギーとして絡み合っていて不可分です。

 次に出来れば夜寝る前に布団の中で昼の出来事を回想してみましょう。そしてその時に同じように体の感覚が浮上してきたら、そのままその感覚に心の目で焦点を当てて、じっとその体の感じを感じましょう。
 その時に体の感覚と同時に何か浮かんでくる人物、イメージ、言葉等があればそのままじっと心の目で眺めていましょう。
 
 理由無く涙が出てきて悲しくなったり寂しくなったりする事もありますが、それはお母さん自身が癒されている事の証拠でもあり、とても良い事です。
 時として自分でもびっくりするようなものすごい怒りが出てきたりする事もありますが、そのような時はまた別のアドバイスをさせて頂きます。

 上記のような事は、初めの内は中々そんなに上手に出来るものではありませんが、毎日のお子さんとのやり取りをご自分の出来る範囲内で少しずつでも練習していくと、
・お子さんとご自分の様子の観察、
・それを寝る前に再現し体を感じる、
・浮かんできたイメージ等を観察出来るようになるに連れて、お子さんの問題行動の程度が一気に、あるいは徐々に変化してきます。

 そしてそれと同時に、今のこのお子さんの行動は即ちお母さんご自身の問題である、という事がご自分ではっきりと理解出来るようにもなってきます。


 他の色々な育児、教育相談では全く聞かないようなアドバイスだと思われるかもしれませんが、これは深層心理学からのアドバイスです。だまされたと思って上記のアドバイスを一度やってみて下さい。
 きっとお子さんの問題行動は変化します。

 三つ目は、お子さんとの会話をいつも“オウム返し”を取り入れる事です。これはどんな問題行動にも有益です。オウム返しの詳細につきましては(続)幼稚園の先生に長女がいじめをしていると言われましたを読んでみて下さい。

 また、オウム返しの会話については、下記の記事でも扱っていますので、ご参考にして下さい。
泣き叫ぶ子ども(2011/04/25)
石を投げる長男(2010/11/29)

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。