しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと元気な子になってほしい

今回は前回のご相談の後半部分にお答え致します。前半部分につきましては、前回の記事「躾と甘え」をご覧下さい。

ご相談をもう一度掲載します。

はじめまして。

2歳になる息子がいるのですが、最近私だけにべったりと甘えるようになってきたんです。。
パパは忙しく、週末くらいしか息子と会えません。
そのせいもあるのか、パパのことは嫌がり、近くに住むじじ、ばばでも最近ではだめで、私だけにぴったりとくっつくのです。


毎回の食事も、以前は自分のイスに座って、スプーンと使って食事していたのに、今は、「ママ、ひざ!」といって私のふとももの上に座ってないと食べません。スプーンも使わなくなり、私が食べさせるまで泣き続けます。

甘えん坊になっているのは、この月齢ですし、仕方ないと思いますが、しつけの部分でどこまで息子に言い聞かせるべきか悩みます。。

周りのママ友に相談すると、二つに意見がわかれるのです。

ひとつは
「3歳までは子供が要求することを、なるべく受け入れてあげて、子供にべたべたさせてあげたほうがいい」という意見。

もう一つは
「私が甘やかし過ぎで子供になめられてる。子供の要求に対して、もっと厳しくなるべき」

という意見です。


なぜ急に甘えん坊になったのか、わかりません。
なるべく子供が求めるようにしてあげたいのですが、どこまでがしつけで、どこまでが甘えなのかがわかりません。
食事ひとつにしても、泣いてでも自分のイスに座らせたりするべきなのか・・?


あともう一つご相談です。

息子がとても慎重な性格のようなんです。

滑り台、ブランコ、高い高いなど、泣いて嫌がります。
また、食事も新しい食材のものは一切食べません。
この前、児童館でイベントがあり、参加したのですが、30人中息子だけすみにいて参加しませんでした。

主人がもともと子供が苦手で、あまり体を使った遊びを息子にやらなかったのも原因なのでしょうか。
おとなしく、慎重な子です。

私としては、活発で元気な男の子をみると、うらやましい気持ちになります。。

それぞれ人間には個性があるし、それを認めてあげたいと思っているのですが。。

まとまらない文章ですみません。
アドバイス頂けたら幸いです。



 慎重な性格についてのご相談でした。

 人間というものは、自分にないものを欲しがるものです。
特に我が子に対しては“こうあって欲しい”というものは無限に出てきます。
 
 正直、生まれてくるまでは五体満足で元気でさえあればそれで良いと思っています。その通りの五体満足で元気な子だったとすると、次は女の子だったら誰にでも可愛がられるような存在であって欲しい、男の子だったら少々やんちゃであったとしても元気で明るく、そして男女を問わず出来れば頭の良い子であって欲しい、等という事から始まり、長じるに従ってその要求は際限なく細かくなっていきます。

 大体子どもに対しては世界中どこの親も似たような期待を持ちます。親ばかは世の常だろうと思います。
 
 しかし考えてみると、この、人間の“もっともっと”という欲求があり、現代のような便利で暮らしよい世界が目の前に広がっているのですけどね。
 
 何が言いたいのかちょっと自分でもよく分からなくなってきつつありますが、要は相談者のお子さんに対する気持ちはとってもよく分かりますよ、というのが一番言いたい事です(^_^;)。

 お気持ちはとってもとっても分かるのですが、お宅のお子さんは“慎重な性格”なのですよ。それを先ずお母さんとしてしっかり受け入れて下さい。肝に銘じるというか、言い換えるならある部分諦める、ということは必要だと思います。
 即ち“明らかに見つめる”ということです。あ、私の子は性格的に慎重な子なんだな、、、、と。

 その事をご自分にしっかり言い聞かせてから、次の行動に移りましょう。

 先ず、慎重な性格の良い点を考えてみましょう。
 先ず大きな危険から遠い、という大きな利点があります。
10年もっと前になりますが、とっても元気な女の子がいました。男の子のように活発でした。おしゃまさんでもありました。お兄ちゃんがいて、そのお兄ちゃんの幼稚園のお迎えの時に車の前に飛び出して、半身不随になりました。
 ご両親の、特にお母さんの苦しみは、見ていられませんでした。

 またとっても元気な男の子は、赤ちゃんの時から元気で活発で、じっとしているのが嫌いな子だったそうです。ある日熱いお湯が張ってあるお風呂に誤って落ちてしまい、全身に大やけどをしてしまいました。幸い命だけは助かりましたが、体には傷が残ってしまいました。歩くのも不自由になりました。

 というような大きな事故、怪我などからは、慎重な性格のお子さんはある意味守られているとも言えます。

 また大人しく慎重な子ども達は、大抵行動に落ち着きがありますから人の話が正確にきちんと聞けます。
 特に小学校に行くようになると、先生の話即ち授業がしっかりと聴けますから、余り成績の事であれこれ悩むというような事はないように思います。
 また本が好きになる子が多いように思いますが、それはとても良い事です。

 このように、ゆっくりと考えてみれば色々長所に通じる事があります。

 その上で、今のお子さんなりの活発さが発揮出来るように応援してあげましょう。
 方法は“今現在出来ている事”を認めて誉めて上げましょう。例えば止まっているブランコにお母さんが座りその膝の上に乗れたら「あ、ブランコに泣かないで座れたね。出来たね、お母さん嬉しい、座れたねえ、嬉しいなあ」と一言さらっと言う。

 余り仰々しくならないように、出来た事を2回ぐらい繰り返し、お母さんの嬉しい気持ちを2回ぐらいさらっと言う、という反応を繰り返します。その時大切な事は“あなたが出来た事が、私はとっても嬉しい”という、私(お母さん)の気持ちの嬉しさを伝える事です。

 これで○○ちゃんと同じになれた、とかもっと出来るように頑張ろう、というような言葉は避けましょう。比べるのは本人の昨日の状態と比べましょう。

 食事の件ですが、食べなくても人間は与えられた環境を取り入れていく能力、即ち慣れていくという能力を持っています。細かく切る等のお料理の工夫は必要でしょうが、お母さんが諦めないでその食材を食卓に乗せ続けていると必ず時期がくれば食べられるようになります。
 もちろん周囲がその食材を美味しそうに食べている、という環境があってですが。
 要はお母さんが“今は無理かも知れないけど徐々に食べられるようになるわ”と思われて、諦めない事です。そしてこの言葉をいつも言ってあげて下さい。お母さんの言葉は魔法の言葉になり、いつか必ずその通りになります。

 また、お父さんがお子さんが苦手で余り遊んであげられておられないからか、というご質問ですが、その可能性はある程度は否定出来ないように思います。
 しかし、これも考えてみるに、ご主人が子どもが苦手で、お子さんはそういう人の子どもとしてこの世に生を受けたのです。

 これも“明らかに見つめて”認めましょう。そしてまだお子さんは2才ですから余りお父さんの事は当てにせず(^_^;)、半分母子家庭だと思って腹をくくりましょう。

 周囲にはとても子育てに協力的なお父さんもいらっしゃる事でしょう。しかしそうでない人もいるのです。そして大体協力的でない人は、子どもにどう向き合えばいいのか分からない、面倒くさい、という気持ちをお持ちです。

 しかし、世は常ではありません。全ての存在は無常なのです。子どもは毎日毎日成長します。変化し成長発達します。子どもの成長発達に連れて、お母さんもそしてお父さんも“必ず”変化していくのです。変化せざるを得なくなるのです。

 子どもとはそういう存在でもあります。
 
 お子さんが小さいここ1、2年は“しばらくは私が頑張ってこの子を引き受けよう”と思われてしっかりとどっしりと、でも出来る範囲内での子育てをお勧めします。

 今はまだ一つ一つのアドバイスの言葉が実感として伝わらない事もあるかも知れませんが、何年か先にはきっと“あの時に言われた通りだな”と思われると思います。
 
 あなたの子育てをいつもここで応援しています。また何か聞いてみたいと思われる事がありましたらいつでもメール下さい。お待ちしています。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。