しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てと夫に疲れました

はじめまして。
一歳2ヶ月の女の子と二歳8ヶ月の男の子を持つ母親です。
最近、子育てに疲れて精神的に不安定なのも重なり、子供たちを怒ってばかりおり、特に二歳のこには毎日のようにヒステリックになり怒り、手を上げてしまってます。旦那は収入の割には毎日朝(6時半に出勤)から晩(ほぼ12時前帰宅)まで仕事で、土曜日も月1日くらいしか休みはなく、平日は母子家庭状態です。休日も疲れが溜まっているのか、任せてもふとみれば居眠りをしているし、危なくて無理です。子供と顔を合わせるなんて、ほんの日曜日の何時間なのに、もっと子供と遊んでコミュニケーションを取ってほしいのに、遊ぶと眠くなるらしく呆れかえります。自分の子供なのに退屈って事ですよね。私もストレスがたまり感情的になり、支離滅裂な会話になるのでもう話したくもないです。はっきり言って今の収入では上のこを満足に幼稚園にも行かせられません。でもそういう話をしても実感がわかないみたいです。自分さえ満足して働いていれば収入や将来なんてどうでもいい感じです。毎日こんなに子供らを怒ってばかりいるなら、自分も働いた方が多少収入も増えるしプラスなんじゃないかと思います。今後この主人への接し方と上の子供が一歳のこを突き飛ば
したり、ひっぱたいたりした時にどう諭せばいいのか教えてください。よろしくお願いします。



 相談の文章を読んでいてちょっとしんどくなりました、、、(^_^;)

 とっても頑張っていらっしゃって、でもご主人への不満が上の子に無意識に伝わり、その子が自分よりも弱い下の子を突き飛ばしたりひっぱたいたりする、という連鎖が見えます、、、、。

 そうだよなぁ、、私もそうだったなあ、、、、って思い出します。
私もイライラ、寂しさ、不安から、子ども達が小さい頃は常に主人の協力が欲しいのに得られなくて(とその頃は思っていたんです)子ども達が散らかして遊んでいるのを見るだけで「さっきキレイに片付けたばっかりなのにまたー!!もう~!!」とキレて怒鳴ってしまったり,時には手を上げたりしてました、、、、(^_^;)

 女の人生で一番ストレスが溜まるのが30代だ、というのを何かの記事で見たか、あるいはどこかで聞いたかした時にとっても納得しました。その事を知ったのが30代だったかどうかまでは忘れましたが、とにかく後から振り返ってみると、どうしてあんなにもいつもいつもイライラして怒っていたんだろうなあ、客観的に考えてみるとそんなに大きな事じゃないのに、、、、って思いました。本当に。

 一方で今の立場からあの頃を思うに、夫は夫なりに私に気を使ってくれていて、私の機嫌を損ねないように自分はどう行動すれば良いのか、という事を常に考えていたんだろうな、と思います。
 でも夫の両親も入れて7人、また6人家族の嫁の、当時の私は夫の気持ちが読める余裕もなく、とにかく何がなんだか分からないという状態の中での苦しい子育てをしていたと思います。

 ご相談者もまさしくあの頃の私だなあって思います。お気持ちどこまでもよく分かります。イライラしますよね、、、、分かります。

 
 その上で、その頃の私が一番言って欲しかったアドバイスだと思って下さい。

 自分の出来る範囲内で良いのです。無理をしても続きませんし、良い事はありません。
 “ああ、私はこれで精一杯”と思えるところで良いのですが、下記のように思って下さい。

 しばらく、少なくとも下の子が3歳ぐらいになるまでは自分と子ども3人の母子家庭だと思う、と覚悟する事です。ご主人がいるから当てにもするし分かって欲しいと思ってしまうのですから、しばらく自分一人で子ども二人を育てているんだ、という気持ちで毎日を過ごして欲しいな、、、と。
 もちろん休日はもう一人大きな子どもがいる、というぐらいの気持ちでいくのです。

 今のこの日本の置かれている経済状態からして、特に年代の若い男の人は大変な労働条件の中で働いていらっしゃるだろうと推察致します。ご主人はきっと疲れていらっしゃると思います。
 その結果子守りを任されても、初めの内は相手もされるのでしょうが、いつの間にか寝かしつけようとしていて自分だけ寝てしまう、、、その内子どもは起き出してゴソゴソしている内に奥さんが帰ってくる、、というような情景が目に浮かびます。

 朝6時半に出勤して夜は毎日12時を過ぎる、という事は本当に厳しい労働条件です。家庭を両肩に乗せて、黙々と真面目に働いていらっしゃるのを、家族を養うのだから当たり前と一口に言ってしまえばそれまでですが、少し立ち位置が変わった今は、本当にお父さん達にご苦労様です、と言いたい心境です。
 だからしばらくはご主人を許してあげて欲しいと思うのです。日曜日にも出来たらゆっくりと朝寝も昼寝もさせてあげて欲しいな、と思ってしまいます。

 経済状態の話をしても実感がないように感じられるのは、ご主人はどうして良いのか分からないから無反応になっておられるのではないかと思います。
 ご主人の働き方を見ると、それ以上どうすれば収入を増やせるのか?と、私がご主人の立場になってもどうして良いのか分からなくなってしまう感じです。
 
 むしろ妻からそういう不満を訴えられて、無力感を持ってしまわれているのじゃなかなぁ、、、とも。

 子ども達が大きくなって手が離れるのはいつの事やら、と思うだけで家に鎖で繋がれているように気持ちも体も重くなるのは経験済みですが、でも手が離れ出すとあっという間に楽になる、という事も経験済みです。

 そしてお父さんは子どもがある程度大きくなってからの方がよく遊んでくれるようになりますが、でももちろん子どもの相手が元々苦手なお父さんもいると思いますが、それはそれ。

 ヒステリックになって子どもを怒っている、そのエネルギーを「ぜ~んぶ私にまかしとき!」というような気持ちに変えて、ここしばらくは、肝っ玉母ちゃんにでもなったつもりでで~んと構えて、どっしりと子育てをされる事をお勧めします。

 ある意味でお母さんの絶望感やイライラを無意識に全部引き受けてしまった上のお子さんの行動は、本当はお母さんが何かにぶつけたい衝動を代わりに見せてくれている行動だとも考えられます。

 だからお母さんの気持ちがちょっとでも変化すると下の子を突き飛ばしたり、ひっぱたいたりするのは時間と共に少なくなります。
 上のお子さんの無意識のイライラ、不安は、本人は全然自覚していませんから怖い顔をして叱っても効果は期待出来ません。
 むしろ行動がある意味エスカレートするだけで、これも経験済みです(^_^;)
 
 上のお子さんへの処方箋はただ一つ、お母さんが自分自身に優しくし、お子さんに優しくする事だけです。

 イライラや寂しさは愛を求めている行動です。でも愛は人に求めるものではありません。すなわち主人に愛を求めてもいっぱいいっぱいの今の主人からはとてもじゃないけど無理です。
 愛は自分のエプロンのポケットの中にあるんだよ!(^_^)

 また、子どもさんを預けられるところがあるのであれば、出来る範囲内でお仕事をされるのも一つかと思います。ちょっとの時間でも子育てから離れられる時があれば、子どもにも優しい気持ちで接する事が出来ます。これも経験済みです。

 憂鬱な気持ちを抱えている今が一番しんどい時だと思って、もう少しの間開き直って我慢の子育てをして下さい。
 それが何よりもあなたの為、お子さんの為、ご主人の為です。

-----

 スカイプ相談のお申し込みを少しずついただいています。本当にありがとうございます。子どもさんのご様子を拝見することもできるので、電話相談以上に的確なアドバイスができているように思います。

 それと、これはあまり想像していなかったのですが、海外にお住まいの方にとても喜ばれました。日常生活の中で子育てのことを日本語で相談できる環境がないというのは、とても大変なことだと思います。そういった方にもぜひご利用いただければと思っています。詳細につきましては、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談をご覧下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。