しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく泣き叫ぶのです

初めまして 今悩んでいてブログを拝見していました
相談できる事を知りメールしました

よろしくお願いしますm(_ _)m

今上の長男が二歳3ヶ月
下の長女が3ヶ月になります
長男は小さな頃から神経質な感じで夜泣きなしで
朝まで寝初めたのは最近で
お腹に長女がいる時には
おっぱいもやめないといけなくて
あたしもつわりがひどく遊べなくて
保育園にあずけたりしていてその影響で
もう大変な夜泣きが2ヶ月ぐらい続きました
朝まで起きていたり
いつも旦那がおんぶして寝かして寝たらあたしの横で寝る感じでした
普通に泣く感じではなくいがるように泣くのです
泣き叫ぶ感じでした
今まであたしの実家で暮らしていましたが
引っ越しして
家族4人の生活で
新しい保育園にもなりました
引っ越ししてからは大丈夫だったのですが
風邪をひいて治ってから
昼間に夜泣きのように
叫びながら怒り泣くのです
何か取ってほしかったり
おもちゃでうまく遊べなかったり うまく服が着れなかったり とにかく自分が思うよいにいかないと
泣き叫ぶのです
どうしたの?何がいるの?とか 聞いても泣き叫ぶので何をしてほしいのかわかりません
指をさしたりして何をしてほしいのかわかったときはいいのですが突然泣き叫ぶ時はもうダメです
優しく聞いたり説明してもダメで
もういい加減にしなさいと怒り怒鳴ってもダメです
もうどうしたらいいのかわかりません
なるべく下長女を寝かして長男と遊んだり話したりしようと努力していますが
少しするとまた泣き叫ぶので
保育園では泣き叫ぶような感じはなく友達と仲良く積みきなどで遊んでいるようです
家に帰ると泣き叫ぶような感じで
最近また夜泣きが始まりました

反抗期が強い子なのでしょうか?
今まではおばあちゃんもおじいちゃんもいたのに
いなくなり寂しいのでしょうか?
この泣き叫ぶような時どうしたらいいのでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m



 育てにくいお子さんを、若いお父さんとお母さんが精一杯奮闘しながら育てていらっしゃる様子が手に取るように目に浮かびます。本当に毎日ご苦労様です。

 この、どうしてやってもどうにもならない“泣き”については、原因を色々こうだろうか、あるいはあれだろうか、という感じで詮索して突き止めたとしても、果たしてそれが本当に正しい理由かあるいは違うのか、ということを正確に判断するのはとても難しい作業だと思います。

 このようなお子さんの“泣き”には多分昔から多くの親がオロオロしながら毎日をどうにかこうにかという感じで過ごしてきたのではないかと思います。
 
 昔ですと“疳(かん)の虫”が出てる、等という表現で、神社等には今でも“虫封じの祈願”が看板に掲げられているところもあったり、また幼児の疳の虫に○○キオーガン、、、、等というコマーシャルが昔はあったような気も、、、、(^_^;)
 
 かく言う私の上の子も同じように小さい頃はとにかくよく泣く子で、大分長い間虫封じによく効くという「小児鍼」に一日の大半の時間をかけて通ったのを思い出します。

 いつもお母さん達に提案させて頂くのは、色々過去の出来事や自分の言動に思いを巡らすのより、今現在の子どもが泣き叫ぶ事にそんなに深刻にならずに対応出来るようになれるか、にエネルギーを向けましょうという事です。

 その意味では、おじいちゃんおばあちゃんもいなくなり寂しいという事もあるでしょうし、昼間の保育園での興奮の余韻という事も可能性としては考えられると思います。
 また2歳3ヶ月という第一反抗期の行動という事もあります。

 
 そこで対策です。
先ず泣き叫んでどうして良いのか分からないときは、ただ黙ってお子さんの体をすっぽりと包むようにして抱っこをしてあげて下さい。言葉はいりません。むしろ言葉はないほうが良いと思います。
 
 ひどく泣いて、抱っこをされるのを嫌がるようでしたら、体のどこかを撫でながらその時のお子さんの様子を出来るだけじっくりと観察して下さい。
どんな顔をしてないていますか?
熱はありませんか?
涙は出ていますか?
鼻水は?
頭はいつもより熱くないですか?
手や足はどんな様子ですか?
突っ張ったりしていませんか?
胸は?
背中は?
いつもの様子とどう違うかなど、、、、というふうに、
お子さんの頭のてっぺんから足の先まで冷静によ~く観察してその状態が、正確に人に伝えられるような程度にまで出来ればベストです。

 そして出来れば同時に、お子さんのどんな状態の時にお母さんご自身が不安になるか、ご自分のお気持ちも観察して下さい。

 しばらく抱っこしたり、体を撫でていてお子さんが少しでも様子が変わってきたらその時がポイントです。次のようにおっしゃってあげて下さい。
「お母さんは○○ちゃんが大好きだよ。○○ちゃんはお父さんとお母さんの大事な大事な子だよ。○○ちゃん、元気でいてくれてありがとう。お父さんもお母さんも○○ちゃんがお風邪を引かないで元気で保育園にいって、楽しそうに遊んで帰ってくるのが一番嬉しいよ。○○ちゃん、ありがとう。」というような事を繰り返し繰り返し独り言のように言ってあげて下さい。
 
 例え子どもが聞いていないような感じでもかまいません。ただ言うだけで良いのです。

 この作業はお子さんの“泣き”にお母さんが情緒的に巻き込まれないで、客観的でいられるようになる為に有効な手段です。お母さんがちょっとだけ落ち着くと、お子さんの泣き方はお母さんの落ち着いた分だけ収まってきます。
 お子さんの泣き方が少しでも収まるとお母さんの不安も相乗的に落ち着く、というふうに良い方に循環し始め、お互いに落ち着くのです。


 子どものその時々の色々な様相は、親がその様子に余りこだわらないで、出来るだけ笑顔で接する事が出来る“程度”により違ってきます。
 
 また子どもの成長発達はとても早いものです。一つの行動が収まって落ち着いてみると、2,3ヶ月もするとあの時のあの苦しんだのは一体なんだったんだろうか、と思う事も珍しくありません。

 お子さんの今の泣きも、ある時期がくれば必ず収まります。今のままずっと続くという事は絶対にありません。その意味ではどうぞ安心して下さい。


 一度上記の方法を試してみて下さい。そしてその結果を是非またお知らせ下さい。うまくいかなかったらまた次のアドバイスをさせて頂きます。

-----

関連記事

泣き叫ぶ子ども(2011/04/25)
泣き叫ぶ子ども~2(2011/06/25)

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。