しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逞しい子になって欲しい

はじめまして、いつも興味深く読ませていただいております。私もオウム返しのワザを磨いて余裕のある態度で子供に接したいと思っているのですがなかなか難しいです。

今日は娘に何て言ってやればいいか悩んでいる事がありメールしました。

幼稚園が同じだからと入園前に仲良くなった友達がいます。娘もその子も早生まれでこの4月から年少さんです。

その子と遊ぶといつも意地悪されてしまいます(大人からみると)。何回も「貸して」と言っても「ダメ」「じゃ何だったら使っていい?」それでも何も貸して貰えず4時間も遊べない時、通せんぼされたりして「やめて」と言ってもやめてくれない時どうしたらよいでしょう??

また娘は強く言えず、でも納得できなくて泣きそうな顔をするのに作り笑いをしておどけてみせたりします。物を投げられても「あっ飛んできたー」と言ってみたり、やっと一粒だけビーズを貸して貰ったときも「一粒だけや。。。」とつぶやいて笑おうとしたりします。それがやるせないというかかわいそうで苛立ちさえ覚えてしまいます。

かと言って無理やり手に入れなさい!ともいえないですし、口でちゃんと言えているのでそれ以上どうすることもできません。どうせ貸して貰えないという結果が同じなんだったらもう少しガンガン言えたほうがいいのかな?とさえ思えてきました。帰ってからやさぐれたり夜泣きしたり歯ぎしりしたりするのでストレスを感じているのだと思うのです。

その子は極端なのかもしれませんし親同士のつきあいで遊ばせているのでイヤなら遊ばなかったらいいことかもしれませんが、きっとこの先も幼稚園などで同じような状況になる事もあるでしょう。娘にはもっと傷付かないように?(本人はそれほどでもないのかもしれませんが)というか出来るだけストレスをためないようにたくましくなって欲しいと思うのです。

こういう時親は子供にアドバイスしてあげられる事はありますでしょうか?半年ほどくさくさと考えております、よろしくお願いします。



 読みながら私もなんとなくストレスが溜まった感じで苦しくなりました。ちょっと大変ですね~(^_^;)

 しかしこのご様子ですと、お母さんはお子さんが目の前で意地悪をされているのを我慢しながら見ておられるのでしょうか?もしそうだとするとその子のお母さんはどんな感じでその場にいらっしゃるのでしょうか?
 お互いのお母さん同士の関係性といいますか気持ちといいますか、はどんな風なのでしょうか、、、、と疑問を持ちましたが、、、。

 しかし今のご相談はお母さんがお子さんに出来るアドバイスとは?という事ですのでその点にしぼってお話しさせて頂きますね。

 一般的に意地悪をする方とされる方とでは子どもが持っているエネルギーの強弱が原因です。すなわちする方は口や力による攻撃をし、その攻撃に対して同等の力を持っていなかったり出せなかったりするといわゆる“いじめ”になるわけです。

 お子さんの場合、やさぐれ泣きとかはぎしり等が出ていますから、今の関係からストレスを感じていらっしゃると思います。それはお子さんが自分の持っている力を相手に対して発揮出来ていないのか、元々その力が足りないのかどちらかだろうと思われます。

 もし力があるのに発揮出来ていないのなら、それは是非「イヤだったらはっきりイヤって言いなさい!頑張って!」「貸してって何回も言っても貸してくれなくて、でもそれが本当に欲しいと思ったら○○ちゃんみたいに無理矢理取っても良いと思うから頑張りなさい!」と励ましてあげて下さい。
 そしてその通りに出来た時には、頑張って言えたねとか、出来たね良かったね等と一緒に喜んであげて下さい。

 また、力が足りないと思われる時はお母さんがその力を足してあげて下さい。即ちお母さんの目の前でそのやり取りがされているとしたら「○○ちゃん、あなたはもういっぱいその玩具で遊んだでしょ、だから○○に貸してやって」とお母さんがその子から玩具を受取り(少し強制的でも)お子さんに渡せば良いと思います。
 そして、その子のお母さんも一緒にその場におられる時には「ごめんなさいね。家の子は○○ちゃんに玩具が貸してもらえなくて遊べなかった時には家に帰ってから歯ぎしりしたり泣いたりして大変なのよ。だから今回は私が中に入らせてもらったのよ。どうぞ了解してね」としっかりとおっしゃる事も必要だと思います。

 上記のアドバイスの意味は、二人のお子さんの力を同等にする行為です。力の同等な子ども同士は、でもコミュニケーション能力はまだ低いですから、遊んでいるうちに色々な事でうまくいかなくてケンカになる事もあるでしょう。
 勝ったり負けたりします。それが将来の人間関係におけるコミュニケーションを培う場になるのです。ケンカで“勝ったり負けたり”する経験が社会性を育む為に必要なのです。
 相手をやっつける快感や、負けて悔しい気持ちを経験する内に段々と相手の気持ちを思いやる事が出来る人間に育つのです。
 
 今の場合、お子さんは一方的に意地悪をされている印象です。このような遊び方では本人は楽しくないと思いますし、社会性も育ちにくいです。

 上記のような行動を取られた結果として、相手のお母さんが気分を悪くされて友達関係がなくなる事もあろうかと思いますが、それはそれ。将来のあるお子さんです。子ども時代の経験はとても大きいものがあります。
 
 ここはお母さんが余り考えすぎないで、親としての毅然とした態度を示すことも大事です。我が子の為にほんの少しばかり本能的になってみて、自分の本音を胸に手を当てて考えてみて下さい。
 私がここでアドバイスさせて頂いている程度の、我が子を守る為の本能的な行動は許されると確信します。

 結果、お子さんは“どうして良いか分からない時はお母さんに聞けば良いんだ。お母さんはいつも私の味方なんだ”と思えるのです。そしてその事が引いては大人に対しての信頼感にもつながり、もっと先には社会に対しての信頼感につながっていくのです。

 お母さんの言動はお子さんに最も大きな影響を与えるものです。どうぞご自身が自信を持ってお子さんに相対して下さい。応援しています。



最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。