しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウム返しの効果(読者からのお礼のメール)

2010年12月22日の記事「子育てがとても苦しいです」のご相談をおよせ下さった方からお礼のメールをいただきました。ご本人の承諾を得ましたので、全文をご紹介致します。メールの掲載を許可下さってありがとうございました。私のアドバイスが役に立った、というご感想がエネルギーになります。(^_^)

「子育てがとても苦しいです」でご指導頂いた者です。お忙しい中、早急なご返答ありがとうございました。ご返答頂く間に、以前先生が他の方へアドバイスをされていたオウム返しを何度も繰り返していました。

初日はご飯の前に、「ご飯はいらないから冷蔵庫からジュースを出して飲みたい」と言う事から始まり、大号泣しながら力ずくで冷蔵庫を開けようとする娘に対して、自分が冷蔵庫の前に立ち、開かないようにしてからオウム返しを繰り返していました。

初めは娘の怒りと号泣がエスカレートしていくばかりで、自分でも本当に意味があるのかな?と半信半疑なところがあったのですが、一時間ほど経過した時に娘の泣き方が変わり、しばらくしてから私がおいでのポーズをすると抱っこされてきました。

そして「ご飯を全部ちゃんと食べたら、飲んでもいい?」と聞いてきました。その反応には本当にびっくりしました。子供の方から歩み寄ってくるだなんて、本当に信じられませんでした。

その次の日はご飯はいらない。遊びたい。から始まりまたオウム返しをしてみると初めは同じように怒りと号泣が増すばかりでしたが、40分くらい経った時にまた泣き方が変わり「ご飯食べたら、おもちゃでいっぱい遊んでいいの?」と聞いてきました。そういった感じで、日に日に少しずつ時間が短くなってきて、今では「ご馳走様!ママありがと!」と言ってくれるようになりました。

オウム返しをしていると、なぜか不思議な事に癇癪を起している娘を客観的に見る事ができ、自分自身があまりイライラしませんでした。今までの自分を思い返してみると、どうにもならない状況に対して見守ろうとせず娘を今すぐどうにかしようとしすぎてムキになりすぎていたのだなと反省しました。そう思い始めた時から、自分自身に少し余裕が生まれた様に感じます。

キレてしまう自分を許してもいいのですね。とてもホッとしました。今までは「どうしてこの子はこうなの?」とばかり考えていましたが、やはりそれを考える事は無意味なのですね。もうその考えは破棄したいと思います。

先生から今の状況は全く問題ではない。自分を許してもいいと言って頂いた御蔭で、何だか縛られていた苦しいものから解放かれたような気分です。いつも自分がしている事に迷いがあり、責めてばかりいました。おっしゃる通り、子育てに正解はない。だからこそ常に迷いと不安がありました。ですがそれでもいいんだと認めて下さる方がいると言うのは、母親にとって救いです。

今まで子育てに行き詰ってどうしようもない時は、母親に電話をしていましたが「子供の性格は親が作っている。あんたの育て方だ」と言われてきました。なのでずっとそう思っていたし、先生からも虐待だとお叱りを受けるものだと思っていたので、「自分を許す」という言葉がとても意外でした。

初めて誰かに認められた様な気がします。

夫ですが。娘が1歳の時から私は土曜日だけ一日仕事へ行かせて貰っています。その間は夫が一人で面倒をみてくれています。初めは経済的な理由から始めた仕事ですが、今では仕事が私の息抜きです。週に一日娘から離れ朝から夕方まで好きな仕事に没頭することがストレス発散です。それを理解して、幼い娘を一人で看てくれてい
る夫の協力にとても感謝しています。

夫も一人で一日子守りをしているので、日頃の娘の大変さをよく理解してくれます。そして二人でどうすればいいのかをよく話し合い、先生のブログも夫と二人で拝見させて頂いてます。子育てに積極的に参加してくれている夫にとても感謝していますし、夫婦で子育ての悩みを共感できる私は幸せ者です。

出産時の事ですが、娘を出産したときは転勤前でしたのでまだ実家にわりと近いとこに住んでいました。それでも出産前から夫も一緒に私の実家へ戻っていたのですが、里帰り中がとても苦痛でした。初孫でしたし、口を出したい母の気持ちは十分に分かるのですが、私がしていることへの否定と、強制の連続で自分の考えで育てる事が全くできずにいました。

生まれたばかりの我が子が泣いているのに、抱き癖がつくと言う理由で抱っこすらろくにさせてもらえませんでした。私が我慢できずに抱っこしたりすると「あんたは忍耐がないねー」「親の言う事を聞かないのはあんたぐらいなもんだ」などと言われていました。

そう言う事の連続で本当に精神的に苦しかったのですが、自分の家に帰る日がくれば思う存分に抱っこできる。今だけ、今だけと親孝行の為だと思って我慢していました。なので今回はどうしても自分達で育てたいのです。もちろん行政のサービスの利用も視野に入れて登録しています。

孫可愛さ故、頑張りすぎた母親を悪く書くのはお門違いなのでしょうが、そういった理由からどちらの両親にも応援を頼んでいません。結局私は自分にストレスがかからない状況だけを考えて決断しました。これは私のおごりですよね・・・。だけど自分の精神を良く保つことが、家族にとってもいい事だと信じています。

現在の娘は2週間前と比べると、かなり変化がありとても落ち着いています。これは一時的なのか?反抗期の終了なのか?分かりませんが、母親としての自信がついた今は癇癪に対して以前とは違う対応ができそうな気がします。

本当にありがとうございました。いい事でもそうでない事でも、何か変化がでた時にはまたメールさせて頂きます。救いのお言葉、本当にありがとうございました。同じように悩める方々の為にたくさん力を貸してください!!そしてこれから益々のご活躍を応援しています。




最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。