しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日中眠たがる子

はじめまして

初めて先生のブログを拝見しました
読んでいて涙してしまう心の痛む ご相談 オウム返し会話のお話など 改めて自分の子育てを振り返る事が 出来ました
さて何故 このブログに巡り会ったかと言いますと…
4歳になる宝物 愛娘の事で気になる事があり
検索をしていて 巡り会いました
娘は 現在 幼稚園の年少クラスに通っています
小さな頃から 夜8時頃~12時間位 寝る子供でした
が…何故か 日中も眠たがり ぐずる事が多く
始めは 甘えてるのかな? わがままが通らずストレスかな?等と思っていました
しかし 4歳を迎える今でも 眠たがりは 治らず 寝起き 登園時 帰宅時
眠い 眠いっと ぐずり泣きをしています
寝付きは、とても良いです
わがままな事も有りますが
眠さから お友達に強い言い方等をしている時もあります
それでも 友達とは 仲良く遊んでいるのですが
時々 ○○ちゃん嫌いと言われたりする事もあるらしく
今朝は たまたま 仲の良いお友達(娘を含め4人)と 登園時間が一緒になったのですが○○ちゃん 一緒に行こう~ じゃあ 3人で一緒に行こう~ ○○ちゃん大好き♪っと登園して行く友達の横で声をかけて貰えなかった我が子の様子を見て 切なくなってしまいました

まだまだ幼い子供達 悪気があっての事は無いと分かっているからこそ
素直な表現に現れるので 切なさが 倍増します
眠いからと 色々わがままを言う我が子を 叱ると 益々 眠いと泣き ストレスになるようです
だからと言って 優しく抱っこしながら 話をしてても そんな時は暴れたり…します
一度 小児科で鼻 喉に異常が無いか 受診する予定ですが
鼻炎やアデノイドが睡眠を邪魔してる訳でも無く
ただ 眠たがるだけだったら…睡眠異常?
このままだと お友達に もっと嫌がられてしまうのでは?っと とても心配です
小さな頃から 人見知りをしない子供でした
幼稚園の先生に聞いたところ園では特に問題は無いと思いますと言われています
仲良くなったお友達に
眠さのあまり暴言を吐いたりしないかな…

何故あんなにも眠たがるのだろうか?
長年 沢山の子供と接していらっしゃる先生
一日眠たがる子供 接した事ありますか?

どうにかしてあげたいんだけど
とても難しくて…

なんだか長文で まとまり無くなってしまって すみません



 お子さんの「眠たがり」に関して心配をしていらっしゃるお気持ちがとてもよく伝わってきます。ご質問の「一日眠たがる子ども」ですが、実際に教室等で出会ったお友達にはいませんでしたが、色々な相談をお受けした中に、お母さんがとっても悩まれていた方はいらっしゃいました。

 メールを読ませて頂いた感想としては、お子さんの眠たい事を、お母さんがとても気に病み過ぎていらっしゃるのではないか、、と感じました。
 眠くて必要以上にグズる事の原因としては、お子さんの眠たい現象をお母さんが好意的に受け止める事が出来ていない事が大きく影響しているように思います。

 眠たい事は良い事です。寝ている時に成長ホルモンが分泌されて子どもは大きくなります。眠たい子どもを親が肯定的に受け入れられない事が問題のポイントだろうと考えます。

 例えばお子さんが機嫌が悪かったり、お友達にお名前を呼んでもらえなかったりする事などが、お子さんが眠たがりがひどい事の原因なのではないか、等と想像し、どうすればいいだろうか、とご心配をなさっているように思います。

 先ほども申しましたが、子育ての元と言われている事に「寝る子は育つ」という言葉があります。
 昔も今もよく寝る子は生命力の強い丈夫な子です。
そういう意味ではお子さんは、元気に大きくなる力を神様からもらってこの世に生まれてこられています。今は何はともあれその事を第一に喜びましょう。

 その上で次のような事に注意してみて頂ければと思います。
シュタイナー教育では“7歳までは夢の中”とよく言われます。極端に言えば、意識がまだ半分寝たような起きたような混沌としている中でいる、ということです。私はこの言葉は子どもに取ってとても大事な事だと思っています。

 即ちまだそんなにしっかりしなくて、ぼんやりしていて良いのです。何事にも上手に対応出来なくて、眠たくてグズグズばかりしていても良いのです。そういう心の状態におられるお子さんを、そのままで良いのだ、とお母さんが許して受け入れてあげられることで、実は問題はなくなります。

 半分眠っているお子さんを無理に起こす必要はありません。子どもは自分が起きる時は神様からきちんと教えてもらっていますから、その時がくれば自然と起きます。その点については全く心配をしなくても良いのです、親は。
 
 親のベストの行動は、まるで繭の中で寝ているような子を、愛情ある目で優しく見守り、きちんと食べさせて寝させて健康に気をつけて育てる態度です。

 お子さんはとにかく眠いのですから、たっぷりと寝る時間を確保して差し上げて下さい。10時間でも12時間でも良いのです。隣の○○ちゃんや幼稚園のお友達の△△さんの寝る時間と比べる必要は全くありません。子どもの平均の睡眠時間なども無視して下さい。
 お宅のお子さんはその平均に当てはまらなくても良いのです。その事に不安を感じる必要はありません。どうしてお子さんがそんなに眠たいのか、という原因を探すのにエネルギーを費やすのは無駄な事です。

 その事を考えようとすると色々浮かぶかもしれませんし、全然見当もつかないと思われるかも知れません。しかし原因よりも大事な事は、目の前のお子さんは眠たいと思っておられるのです。

 だから「○○ちゃんは眠たいんだよね」と言ってあげて下さい。そして眠たい気持ちを共有してあげて下さい。そしてお母さんも寝る前のあの眠たい気持ちのいい状態を想像してみましょう。そして次のように言ってあげて下さい。

 「眠たい時ってお目めが重たくなるよね~。そして気持ちが良いからもう眠たい~って思うよね。お母さんも眠たいときあるよ。」等と、ご自分が眠たい時の体が感じる事を言葉にしてお子さんに話してあげて下さい。

 この事は、お子さんに“あなたは眠たいままの今のままで良いんだよ。あなたはあなたのままでこの世にいて生きていて良いんだよ”と子どもに言外に伝える作業です。
 即ち家庭で、幼稚園で、またこの世での居場所を確保してあげることです。
 この事が無意識に子どもの心に伝わると、子どもは徐々に落ち着いていきます。
大丈夫ですよ、心配いりません。

 ちなみにここ鳥取県境港市出身で漫画家の「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんは小さい頃とてもよく寝る子で、毎日小学校の一時間目に間に合わなくて二時間目から行っていたとよく言われておられます。いつも一時間目は算数で、授業を受けられなくて算数のテストは零点だったと言って笑わせておられますが(^_^) 
 そして今多分87歳だったでしょうか88歳だったでしょうか、とてもお元気です。昨年でしたか文化功労者に選ばれました。
 
 お子さんも、きっと大器晩成の素質を持っておられるのかも知れませんよ。長い目で温かく見守ってあげて下さい。


最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。