しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てに疲れました

はじめまして。
私は4歳6ヶ月の幼稚園年少、男の子の母親です。

悩みは、ここ最近のこと。わがままなのか頑固なのか、変ってるのか・・・。

たとえば、お風呂に入る際、何度言っても服を脱がないので、先に入っちゃうよーと言いながら服を脱いでしまうと、「ママ、もう一回服を着て!一緒に脱いで!」と大泣き。朝、私が先に起きていると、「もう一回ママ寝て!一緒に起きて!」と泣き。今日はいつものように先に歯磨きして息子に歯ブラシを渡すと「ママと一緒に磨く!もう一回磨いて!」などなど・・・。

そのたびに私はヒステリックになります。「どうしてもう一回やらなきゃいけないの!絶対にやらない!」と怒り、頑固な親子の戦いが長時間続きます。私が大人気ないのか、子供相手に折れることができません。毎日泣かせているので、近所にも迷惑をかけていると思います。私の怒鳴り声も息子の泣き声も半端じゃありません。最近のこの状態は何なのでしょうか。疲れてしまいました。



 お疲れさまです。子育って本当に疲れますよね、よく分かります。
でも最近、子どもがよく泣くので近所の人に虐待をしているのではないかと疑われ、警察に通報されてしまった、という話を聞きましたが、、、。

 それはさておき、メールを読みながらお母さんもお子さんも同じ行動をされているなあ、、と。

 普通、お子さんはお母さんの行動をそっくりそのまま真似をします。だから子どもが育つのです。
 今の場合、お母さんはお子さんの気持ちも要望も、即言葉と行動で拒否されていますし、お子さんは自分がお母さんから受けた行動をそっくりそのままお母さんに対して返しておられるのです。
 「自分の思っている通りの事をして欲しい!」と、全身全霊でお母さんに分かって欲しいと思う故の行動をとっておられるだけです。
 
 即ち相手に自分の思う通りの行動をして欲しいと願い、何とか相手を説得しようとして、出来る限りの努力をされているのですよね。
 でも、お互いそう出来ない、、、という状態ですね。

 そこで先ずお母さんには、今までとは違う行動や言葉を取って欲しいと思います。

 して頂きたい事は“その時のお子さんの言葉からお子さんの気持ちを分かってあげる努力”です。
 例えばお子さんが「ママ、もう一回服を着て」と言ったなら、ああこの子は私にもう一回服を服を着て欲しいと思っているのだな」と、心の中で思って欲しいのです。そして心の中で思ったら次にその事を言葉にしてお子さんに言ってあげて欲しいです。「あなたはママにもう一回服を着て欲しいと思っているのね」、、、と。
 
 出来ればその言葉を出来るだけゆっくりと二回ぐらい言って欲しいと思います。こんな風です。「そうかあ、あなたはママが服を先に脱いじゃったのがイヤだったんだね。だからもう一回ママに服を着て欲しいなあっておもったのかあ、そうかあ、そうだったのかあ。あなたの気持ちは分かったわ。あなたはママにもう一回服を着て欲しいのね、そうだったのかあ、、、」というふうに。

 このお母さんの行動、言葉の意味は、お子さんの気持ちを代弁しているのです。その事により、お子さんの気持ちが整理され、その分だけ落ち着きます。
 そして、お子さんにママにもう一回服を着て欲しいと思っているんだね、と言ったから服を着る、というのではないのです。気持ちを受け止めるだけなのです。
 ご相談の場合、お子さんの要望に対してお母さんの行動や言葉は、硬い壁に当たったような感じで跳ね返されている、即ち拒否されていて、それが一番の問題だと思います。

 次にお子さんの様子を観察して下さい。どんな様子ですか?どんな顔をしていますか?どんな声の調子ですか?

 その間にお子さんの言葉があればその言葉を反復して下さい。「ああ、そうだったの。○○でイヤだったの、そうだったの」というふうに。

 お子さんが「ママもう一回服着て!」と言い、その言葉に対してお母さんが「なんで今脱いだ服をもう一回着なくちゃいけないの!だからさっきから言ってるでしょ!」という、ポンポン!という言葉の投げ合いに比べて「そうかあ、あなたはそうだったのね、、、、そうかあ、、、」といういかにもダラダラした、あるいはフニャ~とした、しまらない感じのやり取りで、その場の雰囲気が変化します。
 
 それと、お母さんがお子さんを観察する時の、言葉が存在しない“微妙な時間”
まあ言えば「間(ま)」が開く事でお互いの怒りのエネルギーが少しですが和らぎます。

 すべての場合において、そこがポイントです。


 一度この言葉の反復と、気持ちを分かってあげる、ということをやってみて下さい。そしてその結果をお聞かせください。楽しみにお待ちしております。


最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。