しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石を投げる長男

はじめまして。私は7歳(小学1年生)の男の子、4歳の女の子の2児の母親です。
今日は息子の事で、しずか先生に相談したくメールしました。

少し前になりますが、息子から、「土を投げて先生に怒られた」という話を聞きました。その時は「悪いことをやれば怒られて当然。他人に当たったりしたら大変なので、もうやらないで」と話をしました。この時は先生に怒られたと聞いたので、酷く怒ることはしませんでした。

すると先日先生から「息子がお友達の足に石をあてた」と電話がありました。その日の下校時に息子を連れて、そのお友達のお家に謝りに行きました。そのお友達の家にも先生から電話がかかってきており、話をすると「お互いに石の投げ合いをしていて、息子の石が当たった」ということでした。お互いにやっていたこととはいえ、打ちどころが悪かったら大変な事になるので、もう次はしないようにと約束し、相手のお家の人、お友達に謝り、その晩主人からも怒られました。

しかし昨晩息子がお風呂で「ママ、今度学校から電話がかかってきたら、どうするんだっけ?」と突然聞いてきました。話を聞くと「昨日歩道橋から、国道に土を投げた。」と言うんです。

幸い車は通っておらず、当たらなかったということですが、大変な事故を引き起こす可能性があるいたずらです。今回は一人でやったようです。

今回ばかりは、本当に怒りました。どうして何度言っても分かってもらえないのでしょう?今回ばかりではなく、小さい頃から石や土は投げてはいけないと何度となく注意してきました。息子はその度に泣いて「ごめんなさい、もうやらないから」と謝り.........でもまたやる。「おおかみしょうねん」の本を買い、読み聞かせたりもしました。なのにまた.............やる。

全く息子の気持ちが理解できません。その場を抜け出すためだけに泣いて謝っているのでしょうか?抜け出せば、またやっていいと思っているのしょうか?

母親としてどうしていいのか全く分かりません。しずか先生、どうしたらよいのでしょうか?どうぞアドバイスをお願いいたします。



 7歳小学校一年生の男の子さん、石を投げる、、、ですか、、。
困りましたねえ、、、、。ご心配なお気持ちお察し致します、、、、。

 
 先ず、ご相談の文章を読ませて頂いて感じた事は、お子さんは“投げる”という行動が大好きなのではないか?、、、という事です。

 色々その子によりパターンは違ってはいても小さい子もする事に好き嫌いがあるように思います。
 例えば何かを“回す”事が好きだったり、何かを叩く事が好きだったり、何かを引っ張る事だったり、また走る事だったり、蹴ることだったり、登る事だったり、押す事だったり、、、というふうに。

 それがお子さんの場合は“投げる”事なのではないか、と思いました。

 大分小さい頃から投げるという行動があったように見受けられますが、投げるという行為に関しては、お子さんからすると、いつも禁止されるばかりだったのではないかなぁ、、、とも思ったりもします。
 とにかく「投げたらダメよ」、、、というふうに。

 一度お子さんに何でも投げる、ということについてどのように思っているのかについて聞いてみられたらどうかと考えます。
 どういう反応があるのか全く見当もつきませんが、でもお子さんの言われる言葉をオウム返しで聞いていくと、何か彼なりの思いが吐露されるかも知れないとも思います。

 下記のように聞いてみられると良いと思います。

お母さん
「○○ちゃん、橋の上から土投げたんだよね。」

子どもさん
「うん、ぼく土を投げた。」

お母さん
「橋の上から土投げたんだよね。その時どんな気持ちだった?」

子どもさん
「う~ん、わからん」

お母さん
「そうか、わからんの。分らん気持ちだったの。そうかぁ。」

子どもさん
「そう、何でか分らんけど投げた。手が投げてしまった。」

お母さん
「そうか、何でか分らんけど投げたの、手が投げてしまったの。そうなの、、。」

子どもさん
「そう、土投げたらどうなるのかなって思った、、、」
(このような発言の場合、少しお子さんの気持ちが表れています)

お母さん
「あらそう、○○ちゃんが土投げたらどうなるのかなって思ったの。土投げたらどうなるのかなあって思ったの?」

(土を投げたらどうなるのかなと思った、というお子さんの気持ちを代弁するようにゆっくりと1、2回繰り返してお子さんに聞いてみる事で、さらにお子さんの本当の気持ちに近づく事ができるようになります)

 というふうに、一見ダラダラとしながらも、とにかくお子さんが発する一言一言ををそのままオウム返しでお子さんに言葉掛けしていくと、ちょっとずつですが、モノを投げる気持ちの原因のようなものが分かってくるのではないかと思います。

 上記は4~5回の言葉の往復を想像してみましたが、子どもは一人一人違いますし、本当の気持ちがどれぐらいの程度で抑圧されているのかも違いますから、もっと少ない場合もあり、中々分らない時もあります。

 焦らずに子どもの気持ちを理解する為のポイントは、表面的には何気なくダラダラとした会話をしながら、でも親側としては意識的にオウム返しをしながら細かい言葉の変化に敏感になりながら“ああ、そうだったの、あなたはその時そういう気持ちだったのね”と言う事を忘れない事です。


 以上のようにオウム返しで気持ちを探りながら、一方では「投げる事」を禁止するのではなく、投げる動作を満足させる為にお子さんと一緒に下記の動作をやって見られる事をお勧めします。

1、色々な大きさのボールの投げあいをする、野球ボール、ドッジボール、またその中間ぐらいの大きさなどで試してみて、お子さんが一番好きな大きさのもので一緒に楽しく投げあいをしてみる。その時に投げあいをする時のルールを色々教える。

2、チラシや新聞をクチャクチャにしてセロテープなどで止めてボールをつくり、それで投げあいをする。

3、チラシなどを細かくちぎり、紙吹雪を作る。それを片手や両手にすくえるだけすくい、部屋一面に“雪が降るよ~!”と言いながら親子でまき散らす。
 これは子ども達は大好きな活動です。そしてひとしきり雪ゲームをやって一段落したら、ビニール袋にそれを皆で集めて片付けて、輪ゴムで口をしばりボールにする。そのボールをポンポンついたり投げあいをしたりして遊ぶ。

4、海や川などに行ったら、浜辺の小石を力一杯出来るだけ遠くまで投げさせたり、水面を切るように投げる遊びをする。

 上記の遊びは子どもの「投げる」衝動を満足させることにより、その場以外では投げたいという欲求を持たせない、ということをねらいとしています。

 
 お子さんの場合、何かモノを投げる度に「投げたらダメよ」「投げたらダメよ」と言われていたとすると、力一杯投げてみたい、という欲求がずっと残り続けているのではないか、、と考えます。
 
 即ち投げたいという最初の第一歩のままそこでストップしてしまっていて、お父さんやお母さんになんと言われて注意されようが“なんとなく”とか“つい”投げてしまう、というような感じなのではないか、、、と思ったりもします。


 人間は何かしたい事がある時、問答無用的に話も聞かれないで、最初からそれを禁止されてしまうと、その欲求は反発する気持ちと共に、心の中にいつまでも残り続けるようです。
 反対にその欲求が叶えられる環境にあった場合、第一段階は昇華出来て、次のステップに進んでいける事が多いようです。

 例えばお子さんの場合、適当に投げても良い環境にあったとしたら、次はもっと違うものを投げてみたいというふうになるのか、あるいはまた、投げる欲求が本人の中では終了する時もあり、それは周囲から見ると「もう投げるのは飽きたのね」ということになるわけです。


 いずれにしても、ご両親にすれば「投げてはいけない」ということを教える事に関しては、とっても大きな努力をなさっていると思いますが、それでも効き目がない、ということですから、ただ禁止するのではなく、オウム返しで気持ちの理解を計りながら、もう一方で身体からの投げたい衝動の満足をさせてあげられる事を一度お勧めします。

 世界的なドラマーとして活躍しておられる日本人の男性(大分前にテレビで見ましたが、名前は覚えていません)が言っておられましたが、覚えている限り小さい頃から、机でも柱でも鍋の蓋でもとにかく目に付くものは何でも叩いていたそうです。

 お子さんの場合は、腕を振り上げて持っているものを遠くに投げたい、という欲求の形が代わり、土や石を投げてしまう、という事になっているのかも知れません。


 また心理的な側面として、親の目を自分の方に向けて欲しいという無意識の願望からこういう行動になる場合もあります。その点に関しては次回に回したいと思います。


最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。