しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子が背負って生まれてきた運命を受け入れられません

はじめまして。ブログを拝見しまして、しずか先生に相談したくメールしました。私には一歳9ヶ月になる息子がいます。一歳過ぎたころに右目まわりと白目の痣を「太田母斑」と診断されただいま治療中です。残念ながら今の技術では白目の痣は消せないらしく毎日拡がってるんじゃないかと心配ばかりしてすごしています。痣のことで自分を責めてないたり、痣を指摘されたり、なんて思われてるんだろう等と考え、息子との外出も苦痛にさえ感じてしまっています。彼が背負って生まれて来た運命を私がまだ受け入れられずにウジウジ悩み、かわいくてしかたないはずのこの時期を楽しめずにすごす自分が嫌です。先生、こんな私になにかアドバイスをお願いします。



 「太田母斑」とは痣の診断名なのですね。
人は“痣ぐらいで”というかも知れません。でも、いざ自分の子どもに痣があってそれが顔となれば本当に辛く、悲しい現実だろうと思います。

 それに、成長するにつれてその痣も大きくなる可能性もあるようです。しかし今は皮膚の方は治療が出来るようで少しだけでも救われるところですね。

 でも目の中の白目の部分は消せないので、それをお母さんご自身が気になさっておられるのですね。お気持ちはとってもよく分ります。
 そうですよね、、、、先々はどんなになるだろうとか、その事で学校等でいじめの対象にならないだろうかとか、本人はどんなに苦しむだろうか、などなど、、、、今そう思うだけでも胸が苦しくなるお気持ち、、、お察し致します。

 
 実はメールを頂いてからずっと気になっていました。
私がずっとあなたからのメールの事が気になって仕方がないという事自体が、お母さんの苦しみの大きさを物語っています。本当にお辛い毎日を過しておられるだろうと思います、、。

 現在のあなたの苦しみは、以前のご相談の「息子に会えない苦しみ」の時にも少し触れましたが、人が生きていく中での苦しみとしては本質的なとても大きくて深い苦しみだと思います。
 
 四苦八苦という言葉があります。仏教の言葉で、生老病死の四苦と愛別離苦(あいべつりく)、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとっく)、五蘊盛苦(ごうんじょうく)を加えて八苦とされています。

 お釈迦様はこの四苦八苦の人生からどうすれば抜け出す事が出来るのだろうかと悩まれて、出家されたのです。
 それぐらい大きな苦しみで、ご自身の苦しみはこの八苦の中の求不得苦に相当するように思います。
 
 この苦しみは“自分の欲しいものが手に入らない”という苦しみです。

 息子さんの痣が取れて、きれいな顔の息子になって欲しいという願い、欲望、その欲望が叶えられない苦しみ、、、です。

 どうして家の子の顔に?、、よりにもよってどうして家の子なのか、どうして私の子の顔なのか、、、他人の子の顔だったらどんなにほっとしただろうに、、、もし痣が身体のどこか目立たないところだったどんなに良かったか知れないのに、、、、もし、、○○だったとしたらどんなに良かっただろう、もし○○だったら、、、。

 また時には、いっそこの子を殺して私も、、、、等と再現なく続く苦しみ、、、。

 私があなたと同じ状態だったとしたらきっとこのように思うだろうなあ、、、、と。


 でも、メールの最後の辺りでの「彼が背負って生まれてきた、、、」というところで少し安心しました。もう薄々は分かっていらっしゃるなあ、、、、と。

 そうなのです。お子さんはそういう人生を背負って、神様から選ばれて、顔に痣をつけて生まれて来られたのです。その顔で今生を生きていく、そういう運命を引っさげて生まれて来られたのです。

 そしてご自身とご主人も、神様から否応無しに息子さんの親として選ばれてしまいました。これは否応無しですからどうあがいても逃れられません。仕方がないのです。覚悟しましょう。
 何とか逃れようとしても神様に選ばれてしまった以上、抵抗するのは無駄と言うものです。

 選ばれてしまったと言う事は、即ちあなたとご主人は選ばれてお子さんを受け入れて育てていく能力を供えている、という証拠でもあります。


 そしてまた、あなたの覚悟次第で、ご家族の有り様が変わります。

 幸せも不幸も、姿形とは全く関係ありません。人間は全く同じ状態で、幸せにも不幸にもなれます。程度も、上を見ても下を見てもキリがありません。

 「五体不満足」の乙武さんや「チアガール」の佐野有美さん(手足のないチアリーダー)のいっておられる事を聞いていても良く分ります。

 お子さんの神様から託された役割の中には、あなたとご主人をもっと器の大きい人間に育てる、という役割も含まれています。
 この、どうしても逃れられない息子さんの親としての役割を、今あなたが潔く引き受ける事により、それまでは開く事なく閉じられていた、あなたの別の可能性の「扉」とでも言えるモノが開きます。それはご主人も同じ事です。


 どうぞ胸をはって“目の中に痣のある子どものお母さん”として、堂々と生きて下さい。神様から与えられたあなたがあなたであることの役割を潔く引き受けるのです。

 “あなただから”出来る事なのです。

 でも、いつも思っていて下さい。そんなに立派な母親である必要はないのです。
泣きたい時は泣き、八つ当たりしたい時はしても良いのです。
 そういう自分を許しましょう。人間はそんなに強くある必要はないのです。無理してもあまり良い事はありません。
 
 “私は弱いなあ”と言葉に出して何回か言ってみて下さい。その内にそこから離れられます。
 「弱さ」は「強さ」の裏返しです。弱い自分を許す事で強くなれるのも人間の素晴らしさでもあります。
 
 ご主人と協力しながら、仲良く、時にはケンカをしながらでも、その時その時を存分に味わいながら、あなたらしい子育てをして下さい。


 私はここで、こういう形であなたをいつも応援しています。また何か苦しくなったらメールを下さい。私が出来る範囲内でアドバイスをさせて頂きますので。


最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。