しずか先生のインターネット幼児教室

幼児教育歴30年のしずか先生の子育て・教育相談ブログ。子育て中のお母さん、お父さんに少しでも力になれればと思っています。お気軽にご相談をお寄せ下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園へ行くのをいやがる&指すいについて

3年保育の女の子と4年保育の男の子の母親です。しずか先生にご相談をお願いしたくメールしました。

現在、今年の四月より兄弟で保育園に入園いたしました。二人とも朝、別れるときにひどく泣くのです。二人とも保育園はたのしんでるようなのですが、朝はどうしても泣いてしまいます。上の子はママも一緒に保育園であそぼう、と言います。どういう風に対応すれば泣かずにお別れできるのでしょうか。

あと、二人とも生まれて間もない時から指すいがはげしいのですが、下の子は指にたこができ、上の子は歯が出てきてるので、何とかやめさせたいのですが、良い方法はあるのでしょうか?



 ご質問が2つですね。朝、保育園へ泣かないで行けるようにはどうすれば良いかと、指すいを止めさせる方法ですね。
 先ず幼稚園に行く時に泣いてしまうということですが、泣かずにお別れできる為に一番必要なものは、他の何よりも「時間」です。その為の方法としては2つあります。

 この世の終わりかと思うほどの感じで泣かれる時は、親の方が泣きたくなりますが、それはそれ。お子さんが泣き出しても「あなたは今、お母さんと離れるのが嫌なんだよね。お母さんと一緒にいたいんだよね。お母さんを好きでいてくれてどうもありがとう。あなたの気持ちは良く分かるよ。でもねあなた達は保育園に行くの。お父さんとお母さんはそう決めたの。保育園ではお歌を歌うのかなあ、それとも紙芝居を見るのかなあ、おやつも食べるんだよね。今日の保育園のおやつは何かなあ。お友達と一緒に仲良く食べるんだよね。お母さんはね、あなた達が元気に泣かないで保育園に行くのが一番嬉しいんだよ」と、あくまでも明るく言い、毎日毎日淡々と送って下さい。

 そして、お子さんが泣く事を余り気になさらないことです。お母さんの、どうして良いか分からない漠然とした不安と、子どもの不安がからみあい、余計に泣くという状況に陥っている場合も多々あります。
 
 そしてもう一つの方法としては、無理をしないで徹底的にお子さんに寄り添いながら、時間をかける方法です。
 それには保育園が許すギリギリのところまで付き合います。極端に言えば、お子さんの要求通りに「保育園で一緒に遊ぶ」ことをしても良いと思います。その為には保育園の方針に沿わなければいけませんので“子どもが泣くので、子どもに付き添ってやりたいけれども、どこまで参加する事が出来ますか”と園側に聞いてみて、その指示に従いながら泣かなくなるまで付き合います。
 
 これは親として、とてもエネルギーの要る事ですが、子ども本人はとても喜びます。そして保育園と言う、人生で最初の集団、社会を、好意的に受け止められるようになります。何故なら保育園にお友達もお母さんもいるのですから。

 しかし一方、一般的にはこの方法は園側に敬遠される事が多いです。人間だれしも自分達のテリトリーに、保護者というある意味では一番うるさい第三者の目が入るのは鬱陶しいものです。この方法が取れる園は、責任者の包容力があります。

 いずれにしても、園側の「門の前でさようならをする」という方針があれば、それはそれで「保育園の門のところまで送る」ことを淡々と実行します。
 その時に例え大泣きされても、お子さんの気持ちに必要以上につられないで“私は子どもの為に、母親としてベストの行動をしているんだ。これ以外のベストの行動はどこをさがしてもないんだ。”とご自分に言い聞かせて下さい。

 実際のところそれが事実なのですから自信をもって下さい。大丈夫です。お子さんの気持ちにつられないで、お母さんの気持ちがはっきりして揺るがなくなると、泣かなくなるのが案外早いです。

 いずれにしてもそんなに心配した事ではありませんので、手を代え品を代えということよりも、お母さんとしては一貫した態度でお子さんに接する事です。

 また、指すいですが、子供の心の安定に大きな貢献をしています。退屈だったり寂しかったり、不安な時などに、子ども自身が自分で自分を慰めている行為なのです。
 指すいのある子の方が、ない子よりも寝つきの時間が短い場合が多いですし、お母さんが何かの用事でその場をちょっと離れても、指すいをする子は泣かないで待てたりもします。だからお母さんは、今まではお子さんの指すいに大分助けられていた部分もあったはずですから、余り性急に止めさせようとなさらない事が一つ。

 しかし今、上のお子さんは歯が出ている、という弊害も出てきている様ですから、徐々に止められるように具体的な行動をされるのも良いと思います。
 先ず、お子さんにしっかり話をして「もう指すいから卒業しよう」とお子さんが自分自身で思えるように仕向けるのです。
 例えばお誕生日とか節目の何かがあるようであれば、それを利用して次のように言って下さい。「あなたはもうすぐ○歳だよね。生まれた時は0歳だったんだよ。あなたが生まれた時はねえ、こんなこんな、だったんだよ。、、、、それから1歳になって、、、、また2歳になって、、、、、今度は3歳になって、、、。(というふうに本人が生まれた時の色々な様子などをゆっくりと時間をかけてお話してやります)」
 
 出来ればアルバム等を一緒に見て、その時々のご家族での楽しい事等も織りまぜながら、お子さんが小さくて何も出来なかったのに、今はこんなに何でも出来るようになったんだなあ、、、と小さいながら思えるように説得をします。
 
 子ども達は自分が生まれた時の様子を聞くのが大好きです。そして、お母さんがどう思ったかとかお父さんがどう言ったか等は、目を輝かせて聞きます。

 そういう、生まれた時から現在までの成長をお話する、というのが一つの大きなポイントです。そして次に「だから、ほら○○ちゃんはこんなに背も伸びて、もうすぐ○歳になりまーす。よく大きくなってくれたねえ。お母さんはとっても嬉しいよ。お母さんは○○ちゃんがだーい好きでーす!」等と、お子さんが気持ちを良くなるような言葉をかけ、それと共に、頭をなでたり背中をなでたり抱っこをしたりおんぶをしたり、スキンシップをする時間を持ちます。

 そして、次が重要なところです。「ところで、○歳になる○○ちゃんにお母さんからのお願いがあります。指すいのことです。あのね、指すいは赤ちゃんのすることなんだよね。もうあなたは○歳になるんだから、指すいは卒業しましょう。いつまでも赤ちゃんの指すいをしているのはちょっと格好わるいよ。だから、これから指すいをしないように気をつけましょう。もし気がつかないでやっていたら、お母さんも注意してあげるから、その時はすぐに止めようね。」と。
 その時の言葉は多少難しくてもかまいません。何を言いたいかは言葉の難しい云々ではないです。お子さんはちゃんと理解してくれます。

 そして、お子さんと指切りをして約束をします。以上のようにちょっとじっくりとお子さんにお話をしながら説得をすると、今までの私の経験では90%くらいは指すいから卒業出来ます。

 ポイントは、生まれた時からのお話と、スキンシップと、笑顔での約束です。何回も繰り返す事です。一度やってみて下さい。

 これでまだ卒業できない場合はまだ次段階の方法がありますので、再度ご相談下さればと思います。


最後まで読んで下さってありがとうございます。下記のバナーをクリックお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

-----

ご相談のメールは右上のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。その際、タイトル(件名)は「無料相談」として下さい。個別のご相談を希望される方は、電子メール・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

おおすみしずか

Author:おおすみしずか
「しずか先生の幼児教室」でおなじみの おおすみしずか がお届けする、無料の子育て・教育相談ブログです。子育て中のお母さん・お父さんに少しでも力になれればと思っています。

幼稚園・小学校受験、知能開発から、通常の育児・教育に関する疑問、夫婦間の問題をはじめとした人生相談などなど、どんなことでも結構ですので、メールや右横の投稿フォームからお気軽にご相談をお寄せ下さい。ぼちぼちお答えしていきます。

初めて来られた方は最初の記事(活動再開!)プロフィールからご覧下さい。

「しずか先生の幼児教室」と おおすみしずか についての詳しいことは「しずか先生の幼児教室」のホームページもご覧下さい。

著書紹介

大阪で受験指導をしていた20年間の集大成です。小学校受験に興味のある方だけでなく、子供さんの早期教育、知能開発に興味ある方には参考になる情報満載です。

セラピストの主人の著書です。自身が若い頃から感じていた生きづらさに向き合いながらさまざまな心の変容を経験していく中で得た気づきをまとめたもので、私が言うのも何ですが、読むだけで心が緩んで楽になる本になっています。

人気記事ランキング

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ご相談受付

ご相談のメールは下記のメールフォームか shizuka@hi-ho.ne.jp宛にメールでお願い致します。メールの場合はタイトル(件名)を「無料相談」として下さい。読んで下さったご感想もお寄せ下さい。ご感想はコメント欄でもお待ちしています。
現在、相談業務多忙につき、ご相談への回答まで半年〜1年程度かかっています。お急ぎのご相談は電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

個別のご相談を希望される方は、電子メール、スカイプ・電話による育児・教育相談(有料)をご利用下さい。

最新記事

最新トラックバック

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。